パスタサ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パスタサ
—    —
パスタサ県

標語:新しい県、新しい地平線
エクアドル国内のパスタサ県
パスタサ県の郡
座標: 南緯01度4分00秒 西経78度00分04秒 / 南緯1.06667度 西経78.00111度 / -1.06667; -78.00111
エクアドルの旗 エクアドル
パスタサ 1959年10月22日
創設者 エクアドルの行政
命名 パスタサ川
県都 プージョ
行政
 - 県知事 Jaime Guevara Blaschke
面積
 - 計 29,325km2 (11,322.4mi2)
人口 (2010)
 - 計 84,329人
 - 人口密度 2.9人/km² (7.4人/mi²)
 - 2001年の人口 64,116人
等時帯 ECT (UTC-5)
ウェブサイト www.pastaza.gov.ec/

パスタサ県(Provincia de Pastaza)は、東部ジャングルに位置するエクアドル東部の。県都はプージョで、1899年5月12日に設立され、25,800人の人口を抱える。この市には現在、舗装道路が開通しており、最近発展している。バーニョスから州への道は、パスタサ川に沿っている。

パスタサ川は西から県へ流れており、周囲が平坦になるに伴ってうねりながらアマゾン川の支流であるナポへと注ぐ。パスタサの自然な産物には、バナナ、グレープフルーツ、タバコ、ココア、コーヒーがある。茶は、いくつかの英国の会社によって首尾良く栽培されており、80年代中頃には、この会社のうちの1つが、イギリス王室のマーガレット王女によって訪問を受け、名誉となった。

地形は、県西部のほとんどが山であり、県のほとんどを占める川のある平地がペルーの国境に近づくにつれ、東部は比較的水平となる。県最高地点は、1,820 m (5,970 ft)である。気候は、暖かくて湿度が高く、西部の山地の年降水量は7 m (22 ft)だが、県全体の降水量の合計は著しい。気温は平均摂氏18から24度ほどである。パスタサ川には、たくさんの金が存在すると噂されるが、現在まで大きな発見は報告されていない。

タランチュラやサソリなどの有毒動物は、県内に普通に存在する。このため、旅行者には、ジャングル、公園、トレイルを歩く際には、注意するように呼びかけられている。また、木に混じってヘビもよく生息しており、ハイキングの際には要注意である。

県内の植物は、絶対的に壮大である。数カ所の地方公園は、無数のランをこの土地からこれらの公園へ入れることにより、開発されており、公園の入場料は比較的安くなっている。年間で雨期がほとんどを占めており、雨のうちの大多数は午後遅くであるが、一日中降ることもある。北アメリカと比べると雨は暖かい。

パスタサ県は、エクアドル国内で最大の県であり、生物が多様である。パスタサ県の北にはナポ県、オレリャナ県、南にはモロナ・サンティアゴ県、東にはペルー、西にはトゥングラワ県、モロナ・サンティアゴ県がある。県内には約62,110人の住民がいる。

[編集]

県は、4のカントン(郡)に分かれる。下記の表には、2001年国勢調査時点での各郡の人口と平方メートル (km2)での面積、郡都を表記する[1]

人口 (2001) 面積 (km²) 郡都
アラフノ 5,150 8,767 アラフノ
メラ 8,088 520 メラ
パスタサ 45,512 19,727 プージョ
サンタ・クララ 3,029 311 サンタ・クララ

都市一覧[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Cantons of Ecuador. Statoids.com. Retrieved 4 November 2009.