パスカリス3世 (対立教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パスカリス3世
第29代 ローマ対立教皇
教皇就任 1164年
教皇離任 1168年9月20日
先代 ウィクトル4世
次代 カリストゥス3世
個人情報
本名 グイード・ディ・クレマ
死去 1168年9月20日

パスカリス3世(? - 1168年9月20日)は、ローマ教皇であるアレクサンデル3世対立教皇である(在位:1164年 - 1168年9月20日)。

生涯[編集]

神聖ローマ皇帝であるフリードリヒ1世(バルバロッサ・赤髭王)がアレクサンデル3世に対抗するために擁立した2人目の対立教皇である。1167年7月22日サン・ピエトロ大聖堂で正式に教皇として戴冠した。8月1日にはフリードリヒ1世を神聖ローマ皇帝として戴冠している。

しかし皇帝に擁立されたために人望が無く、1168年9月20日に死去した。

カール大帝を列聖したのはパスカリス3世である。

参考文献[編集]