パジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パジン
Pazin
Pazin 2004 panorama.jpg
パジン市街
Zastava Pazina.svg
市旗
座標 : 北緯45度14分21秒 東経13度56分19秒 / 北緯45.23917度 東経13.93861度 / 45.23917; 13.93861
行政
クロアチアの旗 クロアチア
  イストラ郡
 市 パジン
市長 Renato Krulčić (IDS/DDI)
地理
面積  
  市域 137km2
人口
人口 (2001年現在)
  市域 9,227人
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間UTC+1
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間UTC+2
郵便番号 52000
市外局番 +385 052
ナンバープレート PU
公式ウェブサイト : pazin.hr
パジンの位置
パジン

パジンクロアチア語: Pazin, ドイツ語: Mitterburg, イタリア語: Pisino, ラテン語: (Castrum) Pisinium)はクロアチア西部イストラ郡の都市及び基礎自治体で、2001年現在人口は4,986人で基礎自治体全体では9,227人である。パジンはイストラ郡の郡都でイストリア半島内陸部に位置する。

歴史[編集]

パジンが最初に言及されたのは983年Castrum Pisinium で、オットー2世から司教であるポレチに対して行われた寄贈に関する事であった。12世紀、マイナルド・シュヴァルツェンブルク伯爵(Majnard Schwarzenburg (Cernogradus))の領地となりパジン伯国が成立する。1186年ゴリツィア伯国 (County of Goriziaのエンゲルベルト3世(Engelbert III)のものとなる。1374年、ゴリツィア伯国のアルベルト3世の遺産はハプスブルク家に譲られ、その後領地は様々な一族に渡り最後はモンテクッコリ家(Montecuccoli)のものとなった。現在の町はほとんどが要塞(モンテクッコリ城)の周辺に造られたものである。1805年から1814年まではナポレオン支配下のイタリア王国の一部であった。1809年からはイリュリア県に属している。1815年以後、パジンは再びハプスブルクの領域となる。第一次世界大戦後の1918年にはイタリア領となり、1945年からはユーゴスラビアクロアチア社会主義共和国となり1991年からは現在のクロアチア領となっている。

みどころ[編集]

モンテクッコリ城は第二次世界大戦後、博物館に変わっている。他には13世紀以来の聖ニコラス教会や15世紀に建てられたフランシスコ会の修道院などがある。またカルストなど自然も豊かで、この地の城や峡谷に刺激を受けジュール・ヴェルヌは小説Mathias Sandorf「アドリア海の復讐」を書いている。

ゆかりの人物[編集]

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]