パシフィック・リム法律・政策雑誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パシフィック・リム法律・政策雑誌』(パシフィック・リムほうりつ・せいさくざっし、Pacific Rim Law & Policy Journal)は、ワシントン大学(ワシントン州)法科大学院によって発行されている年3回刊の学術雑誌[1]。同誌は、Cambridge Scientific AbstractsEBSCOhostAcademic Search CompleteProQuestWestlawHeinOnlineなど各種の学術論文データベースの採録対象となっている[1]

『パシフィック・リム法律・政策雑誌』が取り上げる主題は多岐にわたり、独占禁止法国法学/憲法学企業統治論環境法知的財産権法人権法などが含まれる。同誌が取り上げる主題は、地域としては東アジアオセアニアロシア東南アジアに関するものである。これに加えて、環太平洋地域(パシフィック・リム)にかかる中央アメリカ南アメリカの国々や、地域内の国際水域に関わる主題も扱われる。同誌は、法科大学院の学生によって編集されている[2][3]。現在の編集者代表は、ティア・アネジャ・サージェント (Tia Aneja Sargent) である。

『パシフィック・リム法律・政策雑誌』は、日本法の専門家であったワシントン大学教授ダン・フェンノ・ヘンダーソン (Dan Fenno Henderson) によって1990年から準備され[2]1992年に創刊された[1][4]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c "Pacific Rim Law & Policy Journal." Ulrich's Periodical Directory. Retrieved on January 23, 2012.
  2. ^ a b "About." Pacific Rim Law & Policy Journal. Retrieved on January 24, 2012.
  3. ^ REA's Authoritative Guide to Law Schools. Research and Education Association, 1997. p. 384. Retrieved on Google Books on January 24, 2012. ISBN 0878914781, 9780878914784.
  4. ^ (PDF)Pacific Rim Law & Policy Journal 1 (1): ii. (1992). http://digital.law.washington.edu/dspace-law/bitstream/handle/1773.1/998/1PacRimLPolyJno1TOC.pdf?sequence=2 2012年3月5日閲覧。. 

外部リンク[編集]