パシフィック・ブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァージン・オーストラリア(ニュージーランド)
Virgin Australia New Zealand
IATA
DJ
ICAO
PBN
コールサイン
BLUEBIRD
設立 2003年
ハブ空港 クライストチャーチ国際空港
オークランド国際空港
焦点空港 ウェリントン国際空港
マイレージサービス Velocity Rewards
保有機材数 7機
就航地 13都市
親会社 Virgin Blue Holdings Limited
本拠地 ニュージーランドクライストチャーチ
代表者 John Bartlett, Adrian Hamilton-Manns

ヴァージン・オーストラリア(ニュージーランド)Virgin Australia New Zealand)はニュージーランド航空会社オーストラリアの航空会社ヴァージン・オーストラリアのニュージーランド法人で、クライストチャーチを中心にオセアニア地域で格安航空サービスを提供しており、同じヴァージン・オーストラリア系列のヴァージン・サモアの運航も行っている。ニュージーランドにおける拠点空港はクライストチャーチ国際空港オークランド国際空港。180席のボーイング737型機で週に280便程度の運航をしている。

歴史[編集]

ヴァージン・オーストラリア(ニュージーランド)(旧名パシフィック・ブルー)は2003年に設立され、2004年1月からニュージーランドクライストチャーチオーストラリアブリスベンを結ぶ路線をスタートさせた。また同時にウェリントンシドニーを結ぶ路線も開設したが、3ヶ月間で休止している。

2007年8月1日からはICAO航空会社コードがこれまでのPBIからPBNに変更された。これは航空管制官がPBIに使われるアルファベットのIと数字の1を混同しないようにするためである。07年8月21日、ヴァージン・オーストラリア(ニュージーランド)はニュージーランド国内でオークランドウェリントンオークランドクライストチャーチクライストチャーチウェリントンの3路線における国内線サービスを同年11月から開始する意向を示し、それに対抗するために競合会社が航空運賃を30%も切り下げる措置をとるなどしたためこの参入によってこの3都市の空港の利用者数が飛躍的に上昇する結果となった。

実際にヴァージン・オーストラリア(ニュージーランド)は上記の3路線を2007年11月12日より開始し、全路線とも基本料金が9ニュージーランドドル(約700円)という超低価格運賃を実現させた。

2008年6月にはさらにダニーデンに進出し、クライストチャーチ線を開設した。現在ダニーデンとオークランド・ウェリントン・クライストチャーチを結ぶ路線はニュージーランド航空の寡占状態にあり、初の単独運航路線への挑戦となった。

しかし2010年8月19日、同年10月を以てニュージーランド国内線から撤退することが発表された。競合他社を含めた価格競争の激化で、国内線存続が難しくなった事が理由と言う。今後は、ニュージーランド⇔オーストラリア間の国際線(トランス・タスマンルート)に重点を置く模様である。

就航都市[編集]

オークランド国際空港に駐機するB737型機

保有機材[編集]

現在ヴァージン・オーストラリア(ニュージーランド)で運航されている機材はすべてボーイング737-800s(180席)である。全部で7機保有しているがうち1機はヴァージン・サモアの塗装がしてある。すべての機体が国内線と国際線の両方に使われる。2008年7月現在の平均機体年齢は3年6ヶ月。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]