パシフィック・サウスウエスト航空1771便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パシフィック・サウスウエスト航空1771便墜落事故
PSAの所有する同型機
出来事の概要
日付 1987年12月7日
概要 乗務員の射殺(無理心中)
現場 カリフォルニア州郊外
乗客数 38
乗員数 5
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 43(全員)
生存者数 0
機種 British Aerospace Bae 146-200A
運用者 アメリカ合衆国の旗パシフィック・サウスウエスト航空
機体記号 N350PS

パシフィック・サウスウエスト航空1771便墜落事故(パシフィック・サウスウエストこうくう1771びんついらくじこ)とは、1987年12月7日パシフィック・サウスウエスト航空(PSA)の定期1771便が、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンルイスオビスポ郡カユコス付近で墜落した航空事故である。原因はPSAの親会社であるUSエアウェイズ(USエア)に不満を持つ元従業員の男、デビット・バーク(1952年5月18日生)が、乗務員を射殺したことである。この事故で乗客乗員43名全員が死亡した[1][2]

事故の背景[編集]

当時USエアはPSAを傘下に収めていた。バークは機内酒の代金69ドルの窃盗や余罪の疑いをかけられ、USエアを解雇された。上司のレイモンド・トムソンと復職に向けた話し合いをもったが不調に終わり、バークはロサンゼルス発サンフランシスコ行きPSA1771便の航空券を購入した。トムソンはロサンゼルスの職場からサンフランシスコの家まで毎日飛行機で移動しており、その日も客として搭乗した[3]

同僚から借りていた装填済み.44マグナムリボルバーを所持したバークは、返却していなかったUSエアの身分証を使ったため、ロサンゼルス国際空港の通常の検問所を迂回できた[4] 。バークは搭乗後、エチケット袋にメッセージを書いた。トムソンを銃撃する前に渡したかどうかは不明である。

やあ、レイ。俺たちがこんなふうに終わるなんて皮肉なもんだな。俺は家族のために慈悲を乞うたんだ。覚えてるか。だけど、少しも手に入らなかった、きっとあんたもな。

BAe(ブリティッシュ・エアロスペース146-200(4発エンジンのジェット機)が、中部カリフォルニアの海岸上空、高度6,700mを航行中、コックピットボイスレコーダー(CVR)は洗面所に出入りする物音を記録している。ナショナルジオグラフィックチャンネルのテレビ番組「メーデー(原題:Mayday: Air Disaster)」では、これはバークがトイレで密かにリボルバー銃を取り出す音ではないかとしている。客室で2発の銃声がした際、機長と副操縦士が航空交通管制乱気流について交信していた。恐らくバークがトムソンを射殺したものとみられる。トムソンが座っていた座席は発見されていないが、1列後ろの座席であるとされた座席には、銃痕が2つ見つかった。リボルバー銃の威力からすれば、銃弾はトムソンの体を貫通した後、彼の座席を貫通して後列の座席をも貫通していたはずである。副操縦士は機内で発砲があったことを直ちに航空交通管制に報告したが、それ以降乗員からの応答はなかった。CVRにはこの時点で、操縦室のドアが開き、客室乗務員と思われる女性がコックピットクルーに「問題発生!(We have a problem!)」と話す音声が記録されている。クルーが「どういう問題だ?(What kind of problem?)」と聞き返すと、この客室乗務員を射殺したと思われる銃声のあと、バークが「俺だよ(I'm the problem)」と答えている、さらに2発撃って操縦士たちを死傷させた。数秒後に機体は下降して加速し、風切音が大きくなっていく様子がCVRに記録されている。フライトレコーダー(FDR)の記録によれば、(おそらくバークによって)操縦桿が前方に押されたままになり、機体が急降下したようである。

若干の間があって、最後の銃声がした。銃撃対象となったのは、乗客として搭乗していた航空会社のチーフパイロットで、航空機を立て直そうと操縦室に入ろうとしたところを殺害されたと思われる。テレビ番組「メーデー」によると、回収された銃に付着していた指先の破片により、バークが墜落の瞬間まで生きており、銃を握りしめたままであったことが分かった。当該機は16:16にカユコスとパソロブレス近郊のサンタ・ルシア山脈にある牧場の斜面に墜落し、衝撃で爆発した。機体は音速を少し超えるおよそ時速1,240kmで墜落し、即座に破壊したものと推定された。また、重力の5000倍の力で地面に衝突し、垂直に近い約70度の角度で南へ移動していたものとされている[2]。機体は岩肌の山腹に衝突したが、その際地面にはランディング・ギア(脚)があたってできたと思われる深さ60cm、直径120cm程度の穴があいた。高速で衝撃したことにより、土壌は圧迫された瞬間に跳ね返り、機体の破片や紙片(バークのメモを含む)は炎に焼き尽くされる前に空中に飛散した。生存者はおらず、強い衝撃によって遺体は破片となり、最も大きいものは靴の中に残った足首であった。乗客27名の身元は特定できなかった。

CBS Newsのヘリコプターによって事故現場が発見され、国家運輸安全委員会(NTSB)の調査団に連邦捜査局(FBI)が合流した。2日間にわたる飛行機の残骸の発掘調査の結果、拳銃の部品とエチケット袋に書かれたメモが見つかった。拳銃には銃弾6発を使い切った弾倉があり、メモはバークが記したものであるため、バークが墜落事故に関与していることを示すものとなった。FBI捜査官は拳銃の引き金ガードに刺さっていた指の断片から指紋を採取することができ、それによって機体が墜落した時にバークが拳銃を握っていたことが明らかになった。事故現場で発見された証拠に加えて、バークの同僚が彼に銃を貸したことを認め、バークが女友達の留守電に別れの言葉を残していたことも判明した[5]

事故後[編集]

事故の後、航空会社の職員が離職した際は「即時に身分証を回収すること」を義務づける法案など、数本の連邦法が承認された.[6] 。また、すべての航空会社職員が乗客と同等の保安基準に従うものとする方針が約款に導入された。 この事故によりシェブロンUSAの会長(en:James R. Sylla)をはじめ4名の重役とパシフィック・ベル(現在のAT&T)の3人の役員が命を落とした[7]。これを受けて大企業では、会社の幹部が集団で同一航空便を利用して移動することを禁止する方針に改正した。

出典[編集]

  1. ^ 世界の航空機事故総覧
  2. ^ a b aviation-safety.net
  3. ^ "Gun-toting fired employee linked to PSA plane crash; ex-boss was also on flight," ロサンゼルスタイムズ1987年12月8日
  4. ^ Security badges lost”. ヒューストン クロニクル (1987年12月17日). 2012年2月22日閲覧。
  5. ^ PSA Flight 1771”. Check-six.com. 2012年12月19日閲覧。
  6. ^ Katrina Pescador; Alan Renga; Pamela Gay (2012). San Diego International Airport, Lindbergh Field. Arcadia Publishing. pp. 110. ISBN 978-0-7385-8908-4. http://books.google.com/books?id=whp_Vj4vCkYC. 
  7. ^ ニューヨークタイムズ1987年12月9日

映像化[編集]

メーデー!:航空機事故の真実と真相シーズン9第11話「パシフィック・サウスウエスト航空1771便」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]