パシフィック・インベストメント・マネジメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー
Pacific Investment Management Company LLC
PIMCO
種類 Subsidiary
略称 PIMCO
本社所在地 カリフォルニア州ニューポートビーチ
設立 1971年
業種 資産運用
事業内容 資産運用業務
代表者 Douglas M. Hodge(CEO)
Jay Jacobs(社長)
従業員数 2000人以上(2014年)
主要株主 アリアンツ
外部リンク www.pimco.com
テンプレートを表示

パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニーPacific Investment Management Company LLC)は、アメリカカリフォルニア州ニューポートビーチに本社を置くグローバル資産運用会社であり、債券運用残高では世界最大級のアクティブ運用会社である。1971年に設立された。略称はピムコPIMCO)。

現在は、ドイツの大手保険会社アリアンツの傘下にある。

概要[編集]

最高経営責任者(CEO)はダグラス・M・ホッジ、社長はジェイ・ジェイコブズ。グループ最高投資責任者(グループCIO)のダニエル・アイバシンが、ポートフォリオ・マネジメントおよび投資戦略を総合的に統括する。さらに、アンドリュー・ボールズ(グローバル債券担当)、マーク・キーセル(クレジット担当)、ヴィルジニー・メゾヌーヴ(グローバル株式担当)、スコット・マザー(米国コア戦略担当)、マーク・サイドナー(非伝統的戦略担当)、ミヒル・ウォラー(リアル・リターンおよびアセットアロケーション担当)の6名の最高投資責任者(CIO)がいる。 運用資産総額は、2014年12月末現在、約1.68兆ドル(約201兆円)。

ニューポートビーチニューヨークトロントロンドンミュンヘンアムステルダムチューリッヒミラノリオデジャネイロ東京香港シンガポールおよびシドニーに拠点を置く。

2009年、PIMCOは金融危機後の世界経済について、成長率の長期的な低下を予測する「ニュー・ノーマル(新たな標準)」という概念を提唱した。最近では、長期的に政策金利は低水準で推移し、世界的な低成長が続く状態を「ニュー・ニュートラル(新たな中立)」と称している。

日本においての活動[編集]

日本においては1997年にピムコジャパンリミテッド(東京都港区虎ノ門4‐1‐28)が設立され、業務を行なっている。1999年に投資一任業務、2000年に投資信託委託業務を開始。

日本における代表者は、取締役会長兼共同最高経営責任者(Co-CEO)の松井昭憲と、取締役社長兼共同最高経営責任者(Co-CEO)の山本真一。PIMCOグループの日本における受託資産額は、9兆3,720億円(2014年9月末現在)。

外部リンク[編集]