パオロ・ヌティーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パオロ・ヌティーニ
}
基本情報
出生名 Paolo Giovanni Nutini
出生 1987年1月9日
出身地 スコットランドの旗 スコットランドペイズリー
ジャンル ポップフォークオルタナティブ・ロックソウル
担当楽器 ボーカルギター
公式サイト http://www.paolonutini.com/

パオロ・ヌティーニ(Paolo Giovanni Nutini、1987年1月9日 - )は、スコットランドペイズリー出身のシンガーソングライター。父親はイタリア人、母親はスコットランド人。パオロの祖祖父がペイズリーにフィッシュ・アンド・チップスの店(現在も両親が経営している)を開き、地元の神父がブギウギを演奏するために頻繁に店に訪れたため、幼い頃から音楽的な家庭環境に恵まれていた。また、フォークの演奏者だった祖父(アルバム収録曲「オータム」は彼に捧げられた)に歌うことを勧められた。

20代とは思えないソウル歌手を思わせるような渋い声で目を瞑って歌うスタイルが特徴。2005年18歳の誕生日に、アトランティック・レコーズと契約し、ロンドンでライブパフォーマンスを重ね、シングル「ラスト・リクエスト」をリリース。UKシングルチャートで5位まで上りつめた。2006年初夏にアルバム「ジーズ・ストリーツ」をリリース。全英チャートに3位で初登場を果たし、発売から2週間でゴールドディスクを獲得。ヨーロッパ全体で100万枚を突破した。

2007年に開催されたLive Earthではルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界(What a Wonderful World)」を披露した。

作品[編集]

シングル[編集]

  • "Last Request"(2006年)
  • "Jenny Don't Be Hasty" (2006年)
  • "Rewind" (2006年)
  • "New Shoes" (2007年)
  • "Candy" (2009年)
  • "Coming Up Easy" (2009年)
  • "Pencil Full of Lead" (2009年)
  • "10/10" (2010年)

アルバム[編集]

  • These Streets (2007年) 全英3位、全米49位
  • Sunny Side Up (2009年) 全英1位、全米57位

外部リンク[編集]