パオロ・ソレンティーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パオロ・ソレンティーノ
Paolo Sorrentino
Paolo Sorrentino
生年月日 1970年5月31日(44歳)
出生地 イタリアの旗 イタリア ナポリ
主な作品
イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男
グレート・ビューティー/追憶のローマ

パオロ・ソレンティーノ(Paolo Sorrentino, 1970年5月31日 - )はイタリア映画監督脚本家

略歴[編集]

2001年に初の長編映画を監督。2006年『L'amico di famiglia』がカンヌ国際映画祭でパルム・ドールにノミネートされ、以降4作連続でカンヌに出品される。

2008年の『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』が第61回カンヌ国際映画祭で審査委員長を務めていたショーン・ペンに高く評価され、審査員賞を受賞した。

2011年にはショーン・ペンとのコンビで異色の英語作品『きっと ここが帰る場所』が制作され、第64回カンヌ国際映画祭エキュメニカル審査員賞を受賞した。

2013年、『グレート・ビューティー/追憶のローマ』でヨーロッパ映画賞作品賞、アカデミー外国語映画賞などを受賞した。

主な監督作品[編集]

外部リンク[編集]