パオロ・ジョルダーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パオロ・ジョルダーノ

パオロ・ジョルダーノ: Paolo Giordano1982年 - )は、イタリア作家トリノ生まれ。

人物・来歴[編集]

もとは物理学を学び、素粒子物理学のPh.Dを取得。その関連で仕事をしていた。

処女作の『素数たちの孤独』La solitudine dei numeri primi2008年ストレーガ賞 (Premio Strega) 受賞。2008年から2009年の春にかけてヨーロッパベストセラーになり、イタリア国内だけでも120万部以上を発刊。30ヶ国以上で翻訳され、世界中で読まれている。 2010年に『素数たちの孤独』がイタリアで映画化。日本では東京国際映画祭で上映。

著作[編集]

幼い頃に大きな事故にあった少女と、双子の妹と離れ離れになった少年。過去のトラウマから、それぞれ自傷と拒食症になっていた。二人は知り合い、特別な親しい関係になるが、そこに恋愛感情はなかった。物語は、再びそれぞれが別の道に進むところで幕を閉じる。
アフガニスタンに派兵されたイタリアの若者たちの孤独、性、葛藤を瑞々しい筆致で描きながら、現代の矛盾に鋭く迫る二十一世紀の戦争小説。