パウロ・フィリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パウロ・フィリォから転送)
移動: 案内検索
パウロ・フィリオ
基本情報
本名 パウロ・フェルナンド・ジ・ソウザ・レイチ・フィリョ
(Paulo Fernando de Souza Leite Filho)
通称 イライ (Ely)
リオの人間爆撃機
BTT爆撃機
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1978年5月24日(36歳)
出身地 リオデジャネイロ州
所属 タフ・ブラザーズ
ブラジリアン・トップチーム
→チーム・パウロ・フィリオ
ブラジリアン・トップチーム
身長 172cm
体重 84kg
リーチ 178cm
階級 ミドル級ライトヘビー級
スタイル ブラジリアン柔術
テーマ曲 Prologue/Anvil of Crom
(Basil Poledouris)
テンプレートを表示

パウロ・フィリオPaulo Filho、男性、1978年5月24日 - )は、ブラジル総合格闘家リオデジャネイロ州出身。ブラジリアン・トップチーム所属。ブラジリアン柔術黒帯、柔道黒帯。元WEC世界ミドル級王者。パウロ・フィリョとも表記される。

非常に高い柔術テクニックに強靭な肉体を併せ持ち、自分よりも身体の大きい選手でも軽々と持ち上げる。絨毯爆撃のようなパウンドから、「BTT爆撃機」、「リオの人間爆撃機」のニックネームを持つ。入場時には何かを放り上げるように右手を高く掲げる独特のポーズをとる。

PRIDEではミドル級最強説も唱えられたほどの実力者であった。

来歴[編集]

カーウソン・グレイシーの下でブラジリアン柔術を学び、2000年総合格闘技へ転向。

2002年9月29日、PRIDE初参戦となったPRIDE.22小路晃と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2003年9月6日、IFCで行われたライトヘビー級8人トーナメントに出場予定であったが、膝の負傷により欠場となった[1]

2005年4月3日、PRIDE 武士道 -其の六-で行われたミドル級GPラストワントーナメントに参戦。1回戦でアマール・スロエフにマウント状態でのパウンドからの腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。決勝へ進むも、右足骨折のため決勝を棄権した(スロエフもドクターストップにより決勝を戦えず、記録上はフィリオの不戦敗となった)。

2006年のウェルター級グランプリに参戦。1回戦でグレゴリー・ブーシェラゲムに判定勝ち、2回戦で長南亮に腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。準決勝でも三崎和雄に腕ひしぎ十字固めで一本勝ちするも、左ひざ靭帯損傷のためドクターストップ、決勝を棄権した(決勝には三崎が進出し、優勝を飾った)。

WEC[編集]

2007年8月5日、WEC初参戦となったWEC 29でジョー・ドークセンを破り、第3代WEC世界ミドル級王者となった。

2007年12月12日、WEC 31でチェール・ソネンと対戦。試合のほとんどをソネンにコントロールされ劣勢に立たされたが、下から腕ひしぎ十字固めを極め、一本勝ち。ミドル級王座の初防衛に成功した。

2008年3月26日のWEC 33でソネンとタイトルマッチで再戦予定であったが、薬物依存症のリハビリで入院したため、試合はキャンセルされた[2][3]。試合が延期された11月5日、WEC 36にて復帰したが、前日計量で4ポンドオーバーし、ノンタイトルマッチに変更された。試合は膠着が続き判定負けに終わり、総合デビュー以来続けてきた実質上の無敗記録は16でストップした。

DREAM参戦後[編集]

2009年7月20日、DREAM初参戦となったDREAM.10メルヴィン・マヌーフと対戦。マヌーフのパンチでダウンするなど劣勢となるも、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。9月12日、ブラジルのリオデジャネイロで行われたBitetti Combat 4に出場。アレックス・ショーナウアーとのライトヘビー級戦を戦い、判定勝ちを収めた。

2010年2月25日、Bitetti Combat 6で佐々木有生と対戦予定であったが[4]、フィリオの欠場により試合が消滅した[5]。7月18日、シドニーで行われたImpact FCデニス・カーンと対戦、判定1-1で引き分けた[6]。2010年8月、BTTに復帰した。

2011年9月14日、Amazon Forest Combat 1石井慧と対戦し、引き分けた。

2013年3月23日、WSOF初参戦となったWSOF 2でデイブ・ブランチと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
32 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
23 3 10 10 0 3 0
6 0 0 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× アンドレ・ムニーズ 5分3R終了 判定0-3 Bitetti Combat 19 2014年2月6日
ロドニー・ウォーラス 5分5R終了 ドロー Selva MMA: ExpoAcre 2013 2013年8月4日
× デイブ・ブランチ 5分3R終了 判定0-3 WSOF 2: Arlovski vs. Johnson 2013年3月23日
ムリーロ・ニンジャ 1R 0:47 TKO(パンチ連打) BOTB: Filho vs. Ninja 2012年9月6日
石井慧 5分3R終了 ドロー Amazon Forest Combat 1 2011年9月14日
× ノーマン・パライシー 5分3R終了 判定0-3 X-Combat Ultra: International Grand Prix
【84kg級トーナメント 1回戦】
2011年5月20日
× ホニー・マルケス 5分3R終了 判定0-3 International Fighter Championship 2011年4月29日
ジャクソン・モラ 5分3R終了 判定2-1 WFC: Pretorian 2011年3月19日
佐々木有生 5分3R終了 判定3-0 Bitetti Combat 8: 100 Years of Corinthians 2010年12月4日
× マルコス・ホジェリオ・ジ・リマ 5分3R終了 判定0-3 First Class Fight 5 2010年10月23日
デニス・カーン 5分3R終了 判定1-1 Impact FC 2: The Uprising: Sydney 2010年7月18日
ダニエル・ビジェガス 1R ギブアップ(パンチ連打) Memorial Fight Qualifying 2010年6月4日
西坂竜彦 1R 3:00 キムラロック Bitetti Combat 5 2009年12月12日
アレックス・ショーナウアー 5分3R終了 判定3-0 Bitetti Combat 4 2009年9月12日
メルヴィン・マヌーフ 1R 2:36 腕ひしぎ十字固め DREAM.10 ウェルター級グランプリ2009 決勝戦 2009年7月20日
× チェール・ソネン 5分3R終了 判定0-3 WEC 36: Faber vs. Brown 2008年11月5日
チェール・ソネン 2R 4:55 腕ひしぎ十字固め WEC 31: Faber vs. Curran
【WEC世界ミドル級タイトルマッチ】
2007年12月12日
ジョー・ドークセン 1R 4:07 TKO(パウンド) WEC 29: Condit vs. Larson
【WEC世界ミドル級王座決定戦】
2007年8月5日
三崎和雄 1R 9:43 腕ひしぎ十字固め PRIDE 武士道 -其の十三-
【ウェルター級グランプリ 準決勝】
2006年11月5日
長南亮 1R 2:30 腕ひしぎ十字固め PRIDE 武士道 -其の十二-
【ウェルター級グランプリ 2回戦】
2006年8月26日
グレゴリー・ブーシェラゲム 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の十一-
【ウェルター級グランプリ 1回戦】
2006年6月4日
ムリーロ・ニンジャ 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の拾- 2006年4月2日
桜井隆多 1R 3:49 腕ひしぎ十字固め PRIDE 武士道 -其の九-
【ウェルター級トーナメント リザーブマッチ】
2005年9月25日
× ディーン・リスター 不戦敗 PRIDE 武士道 -其の六-
【ミドル級GP ラストワントーナメント 決勝】
2005年4月3日
アマール・スロエフ 1R 4:22 腕ひしぎ十字固め PRIDE 武士道 -其の六-
【ミドル級GP ラストワントーナメント 1回戦】
2005年4月3日
小路晃 2R(10分/5分)終了 判定2-1 PRIDE 武士道 -其の四- 2004年7月19日
松井大二郎 5分3R終了 判定3-0 Gladiator FC 2日目 2004年6月27日
シウマウ・ホドリゴ 5分3R終了 判定3-0 Bitetti Combat Nordeste 3 2004年4月1日
小路晃 1R 2:48 腕ひしぎ十字固め PRIDE.22 2002年9月29日
近藤有己 5分3R終了 判定3-0 DEEP2001 in YOKOHAMA 2001年8月18日
美濃輪育久 5分3R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年3月31日
KEI山宮 2R 0:29 KO(パンチ連打) DEEP2001 2001年1月8日
ルイス・ドレス 2R ギブアップ(パンチ連打) Heroes 1 2000年7月24日

獲得タイトル[編集]

  • ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル黒帯ペサード級(-91kg) 準優勝(1999年)
  • ブラジリアン柔術ブラジル選手権(ブラジレイロ)黒帯ペサード級 準優勝(1999年、2000年)
  • 第3代WEC世界ミドル級王座(2007年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ジョー・リッグス
第3代WEC世界ミドル級王者

2007年8月5日 - 2008年12月3日

次王者
王座廃止