パウル・リンケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パウル・リンケ
Paul Lincke
DBP-B Paul Linke 20 Pf 1956.jpg
基本情報
出生 1866年11月7日
ドイツの旗 ドイツベルリン
死没 1946年9月3日(満79歳没)
ドイツの旗 ドイツ、クラウスタール=ツェラーフェルト
ジャンル オペレッタ
職業 作曲家
MIDIデジタルピアノ演奏

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

パウル・リンケPaul Lincke1866年11月7日 - 1946年9月3日)はドイツオペレッタ作曲家である。ドイツでは「ベルリン・オペレッタの父」と呼ばれて尊敬されている。行進曲ベルリン気質』(ベルリンの風ベルリンの大気とも。Berliner Luft)は、ベルリンの市歌となるほど有名。

プロイセン時代からベルリン歌劇場の楽長を務め、またアポロ書房(Apollo-Verlag)の発行人という顔も持っていた。1941年の誕生日にはベルリン市から表彰された。また、市内の街路などにその姓名が使われている。1946年にクラウスタール=ツェラーフェルト(w:Clausthal-Zellerfeld)にて他界。

行進曲『ベルリン気質』は、オペレッタ『ルナ夫人』(Frau Luna。1899年)からとられている。このオペレッタはベルリンっ子の冒険家一団が熱気球で月世界に行き、ルナ夫人こと月世界の王妃の宮廷で歓待されるという筋書きのもの。

その他のオペレッタに、『インドラの王国』(Reich des Indra)や『リュジストラータ』(Lysistrata)など。『リュジストラータ』のアリエッタ「Glubwurmchen」は1940年にジョニー・マーサーにより翻訳され、「Glow Little Glow Worm」の名でミルズ・ブラザーズなどにより演奏されて英語圏でも親しまれた。このほかにもリンケのオペレッタに登場する行進曲やワルツは単独で、あるいはメドレーのような形の編曲で親しまれている。

作品一覧[編集]

オペレッタ[編集]

  • 地上のヴィーナス(Venus auf Erden。ベルリン 1897年
  • ルーナ夫人(Frau Luna。ベルリン 1899年)
  • インドラの王国(Im Reiche des Indra。ベルリン 1899年)
  • リュジストラータ(Lysistrata。ベルリン 1902年
  • グリグリ(grigri。1911年
  • カサノヴァ(Casanova。ダルムシュタット 1913年
  • 愛の夢(Ein Liebestraum。ハンブルク 1940年)

歌つきの舞曲[編集]

  • Schenk` mir doch ein kleines bißchen Liebe
  • Bis früh um fünfe, kleine Maus
  • Schlösser, die im Monde liegen
  • Glühwürmchen
  • Berliner Luft

外部リンク[編集]