パイント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パイント (pint)
ヤード・ポンド法
体積
SI 568.26125 mL(英)
473.176473 mL(米液量)
550.6104713575 mL(米乾量)
定義 (1/8)ガロン
テンプレートを表示

パイント(pint)は、ヤード・ポンド法における体積(容積)の単位である。

他のヤード・ポンド法の体積の単位同様、パイントも、アメリカとイギリスで異なる値が使用されており、アメリカには2種類の値のパイントがある。いずれも、8パイントが1ガロンである。

  • 英パイント -- 20英液量オンス = 0.56826125リットル
  • 米液量パイント -- 16米液量オンス = 0.473176473リットル
  • 米乾量パイント -- 0.5506104713575リットル

メートル法への移行のため、現在イギリスでは、パイントは(例えばパブなどでの)グラス入りのビールやサイダーの販売および牛乳の販売(メートル法の単位も使用されている)にのみ使用されている。多くの料理のレシピにおける材料の量の表示は、ヤード・ポンド法とメートル法の両方が使用されているが、パイントは大量の液体の量(おおむね500ミリリットル以上)の表示にのみ使用されている。

歴史[編集]

英パイントは、当初は8ポンド小麦粉の体積として定義されるガロンを元に定義された。他にも様々なガロンがあり、それぞれのガロンに対してパイントが定められていた。

アメリカでは、イギリスのワインガロン(1707年に231立方インチと定義された)を標準の液体の計量単位と定め、そこから米液量パイントが定められた。イギリスのコーンガロン(ウインチェスターブッシェルの8分の1、約268.8立方インチ)から米乾量パイントが定められた。

1824年、イギリス議会は1ガロンを「華氏62度における10ポンドの蒸留水の体積」(277.42立方インチ)と定めた。英パイントはこのガロンに基づくものである。現在では、正確に0.56826125リットルと定義されている。

日本での使用例[編集]

日本において、単位としてのパイントが使われることはほとんどないが、アイスクリームは473ml(1米液量パイント)入り容器で販売されることがある。また、バー、アイリッシュ・パブなどイギリス系のビールを提供する店においては、ビールが568ml(英パイント)で供されるのが通例であり、1パイントとオーダーすることがある。

沖縄県においては、牛乳などの紙パック入り飲料は、473ml(1米液量パイント)や946ml(2米液量パイント=1クォート=1/4ガロン)が一般的である(他地域での500mlや1リットルに相当)。これはアメリカ合衆国による沖縄統治の名残である。