パインタール・バット事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パインタール・バット事件Pine Tar Incident)は、1983年7月24日にヤンキー・スタジアムで行われたメジャーリーグベースボール(MLB)のカンザスシティ・ロイヤルズニューヨーク・ヤンキース戦で発生し、物議を醸した事件である。3-4とヤンキース1点リードで迎えた9回表二死一塁から、ロイヤルズ主砲のジョージ・ブレットがヤンキースのクローザーリッチ・ゴセージから逆転2点本塁打を放った。ここでヤンキースのビリー・マーチン監督がブレットのバットに塗られた滑り止めのための松ヤニ(パインタール)が規定を超えていると抗議。球審がこれを認め、違反バットを使用したブレットはアウトとなり、ヤンキースの勝利で試合終了。猛抗議するも覆らなかった。試合後にロイヤルズはこの裁定について提訴し、提訴試合となった。アメリカンリーグ会長のリー・マクフェイルもこの提訴を支持し、本塁打を有効として5-4の9回表の二死から試合再開するように命じた。25日後の8月18日に行われた残りの試合は10分足らずで終了し、ロイヤルズが5-4で正式に勝利した。

ジョージ・ブレットが事件時に使用していたバット
ジョージ・ブレット(1990年)
Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 1983年7月24日
パインタール・バット事件発生の打席(MLB.comによる動画)

事件の発生[編集]

1983年7月24日にヤンキー・スタジアムメジャーリーグベースボール(MLB)のニューヨーク・ヤンキースと対戦したカンザスシティ・ロイヤルズは、3-4の1点ビハインドで迎えた9回表の二死からU.L.ワシントンを一塁に置き、主砲のジョージ・ブレットクローザーリッチ・ゴセージから逆転2点本塁打を放った。

ところが、ヤンキースのビリー・マーチン監督がこの直後に球審ティム・マクレランドにブレットが使用したバットを検査するように要求した。かなり前からマーチン監督やヤンキースの選手達はブレットの違反バットに気付いていたが、直ぐには指摘せずにいざという時に言おうと決めていた[1]。マクレランドと残りの審判員ホームプレートの長さ17インチ(約43cm)を用いてバットに塗られた松ヤニ(パインタール)を計測し始めた。

ブレットのバットに塗られた松ヤニは規定の18インチを越えていると判断された。ダッグアウトで見守っていたブレットは違反バットによる「反則打球」であったとしてアウトを宣告され、3アウトで試合が終了してヤンキースが勝利。ブレットは激怒してダッグアウトから飛び出し、マクレランドに飛び掛かろうとしたところをチームメイトに制止された。ロイヤルズのディック・ハウザー監督も猛烈に抗議したが、判定は覆らなかった。ある批評家はこの一打を「史上初の決敗本塁打」と評した[2]

試合の再開[編集]

ロイヤルズは判定の見直しを求め、この裁定について提訴した。アメリカンリーグ会長のリー・マクフェイルは「松ヤニがボールに付着するとボールを度々交換しなければならず、コストを増大させる。打球飛距離を向上させる事を意図したものでは無く、ルールの精神には違反していない」と宣言して提訴を支持。本塁打は有効となり、5-4の9回表二死からの試合再開を命じた。

当初は試合の再開に反対していたヤンキースだが、のちにこの要求を受け入れた。主催側であるヤンキースは、残り4アウトの試合を通常の試合と入場料を同額にすると発表した。追加料金は違法だというファンによる訴えが2件正式に受理された。最終的にジョセフ・サリバンニューヨーク最高裁上訴部判事が下した「プレイボール」という短い文句の判決によって割安料金で9回表二死から試合を再開する事が決定した[3]

両チームのオフ予定日だった8月18日にブレットの本塁打後の場面から試合が再開された。ヤンキースは7月24日の試合の半券を所持している場合には無料で入場出来る事は発表せず、集まった観客は1,200人のみだった。ブレットは再開試合には出場せずに翌19日からボルチモア・オリオールズとのダブルヘッダー含めた4連戦が行われるメリーランド州ボルチモアへ向かった。マーチン監督はマクフェイル会長の裁定を不服として、この再開試合に主砲のドン・マッティングリー一塁手を左投げながらキャリア初の二塁手に起用した。結果は9回裏にヤンキースが三者凡退に倒れ、ロイヤルズが5-4で勝利した。

脚注[編集]

  1. ^ 67: Pine tar nullifies home run, so Brett goes ballistic” (英語). ESPN.com. 2013年9月18日閲覧。
  2. ^ Umpires' Ruling Beats the Tar Out of Royals” (英語). Kansas City Star. 2013年9月18日閲覧。
  3. ^ Yankees, Royals, courts put an end to Tar Wars” (英語). Pittsburgh Post-Gazette. 2013年9月18日閲覧。

外部リンク[編集]