パイロット (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パイロットPilot)は、1974年にデビューしたイギリスのポップ・バンド。短い活動期間ながら「マジック」や「ジャニュアリー」といった曲をヒットさせた。

経歴[編集]

かつてベイ・シティ・ローラーズに在籍したデヴィッド・ペイトンビル・ライオールの再会をきっかけに、パイロットというバンドが結成されることとなった。レコード会社もこの新バンドのデビューを即決した。

ファースト・アルバム『パイロット』(1974年)からのシングル「マジック」がいきなり全英11位・全米5位となる。

1975年に発表したセカンド・アルバム『セカンド・フライト』からのシングル「ジャニュアリー」は全英1位を記録した。

結局、メンバーの脱退やセールス面での伸び悩みもあり、アルバム4枚を発表しただけで1970年代後半にバンドは自然消滅していった。その後のメンバーはパイロットのプロデューサーを務めたアラン・パーソンズとの共演など、様々なアーティストと交流を持ちながら音楽活動を続けている。

1977年に発表された4枚目のアルバム『新たなる離陸』(メンバーは、デヴィッド・ペイトンとイアン・ベアンソンのふたり)は諸般の事情で長らくCD化されなかったが、リクエスト・サイト「廃盤復刻計画」では、週間部門1位になったこともあった。

その声に応えて2002年に出されたのが5枚目のアルバム『ブルーヨンダー』である。『新たなる離陸』から8曲を選んで再録音することで、難しかったCD化を実現した。このアルバムには、新曲2曲に加えて1975年のライブ音源も収録されている。(その後『新たなる離陸』は、2005年に日本で世界初CD化された。)

2007年に出された『The Craighall Demos 71:76』は、デビュー前の71年から解散直前の76年までのデモテープを、デヴィッド・ペイトンが編集したもの。ここに収められた曲はすべて、パイロットの原点とも言えるクレイグホール・スタジオで録音されたものであり、それがタイトルの由来になっている。ビリー・ライオールがリード・ボーカルを取っているものも多い。

2007年11月17日、18日 パイロット来日公演が決定し演奏を披露した。(メンバーは、DAVID PATON, STUART TOSH サポートメンバーCALAIS BROWN, KENNY HUTCHISON)

メンバー[編集]

  • David Paton - Vocals & Bass & Guitars  (解散後,The Alan Parsons Project, Keats,The Elton John Band)
  • Ian Bairnson - Guitars & Bass & Vocals (契約時期の事情等から1975年加入とされてきたが、実際にはデビュー時から正式メンバーである。解散後,The Alan Parsons Project, Keats)
  • Billy (William) Lyall - Keyboards & Vocals (1976年脱退後,ソロ活動 89年12/25没)
  • Stuart Tosh - Drums & Vocals (1976年脱退後,10cc)

作品[編集]

アルバム[編集]

  • FROM THE ALBUM OF THE SAME NAME (1974年) - US#82
  • Second Flight (1975年) - UK#48
  • Morin Heights (1976年)
  • Two's A Crowd (1977年)
  • Blue Yonder (2002年)
  • The Craighall Demos 71:76 (2007年)

シングル[編集]

  • Just A Smile (1974年)
  • Magic (1974年) - UK#11/US#5
  • January (1975年) - UK#1/US#87
  • Call Me Round (1975年) - UK#34
  • Just A Smile (1975年) - UK#31/US#90
  • Lady Luck (1975年)
  • Running Water (1976年)
  • Canada (1976年)
  • Penny In My Pocket (1976年)
  • Get Up And Go (1977年)
  • Monday, Tuesday (1977年)
  • Ten Feet Tall (1977年)