パイプス・オブ・ピース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パイプス・オブ・ピース
ポール・マッカートニースタジオ・アルバム
リリース 1983年10月31日
録音 1981年1982年
ジャンル ロック
時間 5056
レーベル イギリスの旗MPL/パーロフォン
アメリカ合衆国の旗MPL/コロムビア(オリジナル盤)
MPL/キャピトル(リイシュー盤)
プロデュース ジョージ・マーティン
ポール・マッカートニー 年表
タッグ・オブ・ウォー
(1982年)
パイプス・オブ・ピース
(1983年)
ヤア!ブロード・ストリート
(1984年)
テンプレートを表示

パイプス・オブ・ピースPIPES OF PEACE)とは、1983年に発表されたポール・マッカートニーのアルバム。

概要[編集]

前作『タッグ・オブ・ウォー』は当初2枚組で発売する予定であったが、結局見送られ、1枚で発売されることとなった。そこで、録音したがアルバムに収録されずに残った曲と、新曲を数曲足して完成させたのが本作である。そのため『タッグ・オブ・ウォー』の続編という位置付けであり、『二元的対立』についての問いかけがテーマであった前作に対し、その答えを見いだそうとすることがこのアルバムのテーマともなっている。
全英4位、全米15位を記録。

楽曲[編集]

前作『タッグ・オブ・ウォー』に引き続きジョージ・マーティンがプロデュースしており、レコーディングのメンバーもほぼ同じである。
前作ではスティーヴィー・ワンダーと『エボニー・アンド・アイボリー』などで競演したが、本作では『スリラー』の世界的ヒットにより、スーパー・スターとなったマイケル・ジャクソンと『セイ・セイ・セイ』、『ザ・マン』で共作・競演。『セイ・セイ・セイ』はシングル発売され、米国1位・英国2位を獲得する大ヒットとなった。 他にはスタンリー・クラークと『ヘイ・ヘイ』を共作している。

収録曲[編集]

  1. パイプス・オブ・ピース - Pipes Of Peace
  2. セイ・セイ・セイ - Say Say Say(&マイケルジャクソン)
  3. もう一人の僕 - The Other Me
  4. キープ・アンダー・カヴァー - Keep Under Cover
  5. ソー・バッド - So Bad
  6. ザ・マン - The Man(&マイケルジャクソン)
  7. スウィート・リトル・ショー - Sweetest Little Show
  8. アヴェレージ・パーソン - Average Person
  9. ヘイ・ヘイ - Hey Hey(&スタンリークラーク)
  10. タッグ・オブ・ピース - Tug Of Peace
  11. スルー・アワ・ラヴ(ただ愛に生きて) - Through Our Love
    以下は「ポール・マッカートニー・コレクション」と題したデジタル・リマスター盤で再発の際に追加されたボーナス・トラック
  12. トゥワイス・イン・ア・ライフタイム - Twice In A Lifetime
    • 同名映画主題歌で、初レコード化
  13. ウィ・オール・スタンド・トゥゲザー - We All Stand Together
    • 1984年のシングルで、アニメーション・ビデオのサウンドトラック
  14. シンプル・アズ・ザット - Simple As That
    • 1986年のチャリティー・アルバム『The Anti-Heroin Project - It's A Live-In World』収録曲
  15. Say Say Say (12" version)

※15.は2007年、iTunes Store販売版のボーナス・トラック。(12”収録バージョン)

同時期のシングル

Say Say Say(インストバージョン)

Ode to a Koala Bear(コアラへの詩)