パイクリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パイクリートの塊。中央の穴は銃弾の跡。
パイクリートは86%の水と14%のパルプを原材料として作成される。

パイクリートとは、巨大空母を作るための候補材料としてジェフリー・N・パイクが考案した複合材料である。

概要[編集]

重量比、14%の木材のパルプ(おがくずや紙等)と86%のを混ぜ合わせて凍らせた複合材料。巨大空母を作るための候補材料としてジェフリー・N・パイクによって考案された。通常のと比べ、熱伝導率の低さによる低融解性、パルプを混ぜたことによる高強度、高靭性などの特性を持つ[1]

パイクリートはライフルの銃弾を撃ち込んだところ、は破壊されたのに対し、パイクリートは破壊されず表面にクレータを作り銃弾は食いこんで止まったとの試験結果がある[1]。アメリカのTV番組『Mythbusters』(日本での番組名は『怪しい伝説』)の番組企画での検証にて圧倒的な不融性と耐久性を発揮したものの新聞紙を使用した方が耐久性が高かった為、パイクリートは模型実験のみの検証となった[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 〜PYKRETE〜 ICE SHIPS IN THE ROCKIES!”. 2014年4月20日閲覧。(英語)
  2. ^ Build and Float A Boat Made Of Ice”. 2014年4月20日閲覧。(英語)
  3. ^ Can you Build Ships Out of Ice? The Mythbusters Investigate”. 2014年4月20日閲覧。(英語)

関連項目[編集]