バー・スプーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
手前にあるのがバー・スプーン

バー・スプーン (Bar Spoon) は、カクテル蒸留酒の水割りを作る際などに、主にバーで用いられる、の長いスプーンである。食品を移動することの他、攪拌棒や計量器として用いられる。

スプーンと呼ばれるものの、スプーンの反対側にフォークが付けられている。柄の中央付近が螺旋状にねじれているのが特徴で、これはステアしやすいように施されているものである。またカクテルのレシピに1tspという単位が書かれている場合、バー・スプーン1杯分の量を指す。またフォーク部分はオリーブなどをから出す際や果物の盛り付けの際などに用いられる。このように、攪拌棒、計量器、食品の移動という複数の用途を持つ。

素材はステンレス製が多いものの、など他の素材で作られたものも存在する。長さは約25〜35cm程度だが、それより長いものも短いものもある。

なお、同じくバーなどで用いられ、ステアすることを目的とする食器マドラーがあるが、マドラーは客にカクテルと供されて出されるものの、客にバー・スプーンがカクテルと供されることはない。

関連項目[編集]