バーンズ・アンド・ノーブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーンズ・アンド・ノーブルのロゴ
バーンズ・アンド・ノーブルの店舗

バーンズ・アンド・ノーブル(Barnes & Noble, Inc.)はアメリカ合衆国で最大の書店チェーンであり、また最大の専門小売店である。2009年10月現在、同社はアメリカの50州とコロンビア特別区で合計777の店舗を運営している。

同社は地域によっては、ブックスター(Bookstar)あるいはB.ドルトン(B.Dalton Booksellers)という名称でも、小規模な書店をチェーン展開している。ブックスターは屋外型のショッピングセンター店舗に、B.ドルトンはショッピングモール内の店舗に使用される名称である。

バーンズ・アンド・ノーブルは大規模で高級感のある店舗を構えることで有名で、多くの店舗がスターバックス・コーヒーを提供する喫茶コーナーとベストセラー本を値引き販売するコーナーを設置している。ほとんどの店舗で雑誌新聞DVD劇画、贈答品、ゲーム音楽メディアを併売している。

歴史[編集]

創業は1965年。ニューヨーク大学の学生で、大学内の生協でアルバイトをしていたレオナルド・リッジオが、「本を売るなら、自分でやったほうがうまくゆく」とグリニッジ・ヴィレッジに小さな学生向け書店をオープンしたのがきっかけ。優れたサービスと知識豊かなスタッフのおかげで評判になり、1970年代には6店舗を展開するまでに拡大。その後、5番街の書店を買い取って総合書店へ転身し、全米に積極的に進出した。

レオナルド・リッジオの兄弟であるスティープ・リッジオが2003年1月から2010年3月までCEOを務めた。スティーブ・リッジオは電子書籍への対応に出遅れ、2010年8月には身売りが検討されていると報じられている[1][2]

Nook[編集]

Androidベースの電子ブックリーダー2009年11月にアメリカ合衆国で発売された。当初は6インチの電子ペーパーディスプレイ搭載機であったが、2011年に7インチカラー液晶ディスプレイ搭載機(Nook Color)が発売された[3]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]