バーレーン・ワールド・トレード・センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バーレーン・ワールド・トレード・センター(Bahrain World Trade Center、BWTC)はバーレーンの首都・マナーマ2008年に完成した超高層ビル

概要[編集]

バーレーン・ワールド・トレード・センターは、高さ240m(50階)が2棟のツインタワーである。バーレーン・フィナンシャル・ハーバー(260mのツインタワー)に次いでバーレーン国内では高さが2番目である。

2つのタワーは3つの「スカイブリッジ」で結ばれており、各々のスカイブリッジに225kwの風力発電用の風力タービンが建設された。3基合計で675kwの電力を発生する。これは2つのタワーの総電力消費量の11%から15%を賄うと計算されている。[1] 風力タービンを付設した超高層ビルは、世界で初の試みで、各種の建築賞を受賞した超高層ビルである。設計はイギリスアトキンス社(Atkins)。

風力タービン[編集]

1つの風力タービンの直径は29mで、ペルシア湾からの風を最大に受けるために、全て北側を向いている。2つのタワーは、同じアトキンス社が設計したアラブ首長国連邦ドバイブルジュ・アル・アラブに良く似たの形をしているが、これは風力タービンに垂直に風流を集約するために、どの方角からの風も2つのタワーの両側から45度に流れ込むように、漏斗のような形状でデザインされたためである。[2]

脚注[編集]