バーラト重電機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーラト重電機
Bharat Heavy Electricals Limited
種類 公開株式会社
市場情報 BSE500103
本社所在地 インドの旗 インド
ニューデリー
設立 1953年
業種 電気機器
事業内容 発電機機関車自動車石油・ガス通信機器防衛機器
売上高 約44億3000万ルピー
総資産 約293億5200万ルピー
従業員数 43,000人
主要株主 インド政府67.72%
外部リンク http://www.bhel.com/home.php
テンプレートを表示

バーラト重電機英語Bharat Heavy Electricals LimitedBHEL)は、インドデリー首都圏ニューデリーに本社を置く国営の総合電機機器製造会社Karvyによれば世界第12位の電気機器メーカーとなっている[1]

概要[編集]

国営のエネルギーおよびインフラ企業として半世紀前に設立される。1971年に黒字に転換し継続的に利益を上げて以来、1976年から1977年にかけては株式配当が支払われた[2]。主たる内容としては発電事業、工業系事業、海外向け事業の3本柱で展開しており、変速機、輸送器、電気通信、再生可能エネルギー、各種ボイラー、各種タービンの製造や、配管システム、ポンプ類、バルブ類なども取り扱っている。

2005年3月付けでインド国内の総発電量の65%相当の設備を提供しており、電力発電事業では73%の市場規模を持つに至る。インド政府により金賞を授与された27箇所の発電所のうち、23箇所が同社の設備を導入している。

主要生産施設[編集]

これらの生産施設以外に、EPC契約に基づく電力セクターが4つ、ハイデラバードには研究施設が所在し、2つの重電機修理工場、ワーラーナシームンバイに電気機械修理工場がある。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 新華ファイナンスジャパン:編『中国・インド企業データ 2006-2007』毎日新聞社、2006年

外部リンク[編集]