バーバーチェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーバーチェア

バーバーチェアとは床屋理容室などで使われる接客用の椅子

概要[編集]

多くのものがレバー操作などによって高さの調節や回転、後方へ背もたれが倒れるといった動作ができるようになっている。

南北戦争時代の版画の中でのバーバーチェアは現在のものと椅子の背の高さや家具の装飾状態、フットレストなど多くの特徴を共有している[1]。最初にバーバーチェアが工業的に生産されたのは1850年ごろである[1]。最初のフットレスト付リクライニング式の椅子の一台は1878年にセントルイスのアーチャー社によって特許が取られた[1][2][3]。アーチャー社は続いて椅子の上昇下降が機械的にできるものを開発した。シンシナティーのユージン・バーニングハウスはアーチャー社のものをリクライニング、回転可能に改良した[1]。シカゴのセオドア・コッホはこれらの機能をすべて取り入れて1885年までに35,000台の椅子を売り上げた[1]

1987年、クレイン・チェア社のサミュエル・クライン[4][5]はこのタイプのチェアの特許を取得し[6]、1905年にセオドア・コッホに特許違反の訴訟を起こしているが、これは覆された[7]。1904年にはクレインは"調節可能な椅子"の特許を提出しており、これは1907年に認められた[8]

1900年、ドイツ系アメリカ移民のエルンスト・コーケンが油圧式椅子を製作し"操作棒"と含めて特許をとった。これによってすべての機械的機能の現在と同様の操作が可能になった。[1][3]

1950年代、アメリカのバーバーチェア生産会社の売り上げは年に10万の美容、理容室に1万台を売り上げた[9]。1950年代後半にはシカゴのエミール・J・パイダー社はバーバーチェアの生産でトップとなり、市場の70%程度を保有していた。コーケン・チェア社の子会社のベルモント社は1948年から1956年にかけてバーバーチェアの生産をはじめ、1957年以降ベルモントは日本の大阪に参入し、タカラ・ベルモント社となり、パイダー社の椅子の同製品を輸入し、20%から30%安く販売し始めた[9] 。1970年代にはタカラ・ベルモント社はアメリカの市場の70%を持つようになり、パイダー社と逆転した。[9]

現在、多くの理容用の椅子は電力によって動くものとなっており、マッサージ機能を持ったものなども存在する。古いバーバーチェアはアンティークとして評価が高く、撮影スタジオや美容院などでデコレーション用品として使用されている。

[編集]

  1. ^ a b c d e f Do bald men get half-price haircuts?: in search of Americas' great barbershops, Vince Staten, Simon and Schuster, 2001, p. 95, 176pp, ISBN 9780684867458 (retrieved 16 August 2010 from Google Books)
  2. ^ 1873 according to patent #D6648, DESIGN FOR BARBERS AND DENTISTS CHAIRS, George W. and Robert W. Archer, issued 13 May 1873 (retrieved 17 August 2010 at Google Patents)
  3. ^ a b Where Men Hide, James B. Twitchell, Ken Ross; Columbia University Press, 2008, pp. 110-1, 248pp, ISBN 9780231137355 (retrieved 16 August 2010 from Google Books)
  4. ^ Advertisement, The Barbers' Journal, Volumes 13, Number 1, Journeymen Barbers' International Union of America, January 1902 (retrieved 2 September 2010 from Google Books)
  5. ^ Genealogical and Personal Memorial of Mercer County, New Jersey, Volume 1, Francis Bazley Lee (editor), Lewis Publishing Company, 1907, p. 292-3 (retrieved 2 September 2010 from Google Books)
  6. ^ Design for a chair, Samuel Kline, patent #D26623, filed 20 October 1896, granted 9 February 1897
  7. ^ Kline Chair Co. v. Theo. A Kochs & Son et al., The Federal Reporter: Cases argued and determined in the circuit and district courts of the United States, Volume 138, West Publishing Company, 1905 (retrieved 2 September 2010 from Google Books)>
  8. ^ Adjustable chair, Samuel Kline, patent #862565, filed 20 July 1904, granted 6 August 1907
  9. ^ a b c Japan: The Great Barber-Chair Coup, Time, 10 August 1970 (retrieved 17 August 2010)