バーバラ・ボニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バーバラ・ボニーBarbara Bonney, 1956年4月14日 - )は、アメリカ合衆国ソプラノ歌手。ニュージャージー州モントクレア出身。カナダでウォルター・レイニンジャー(Walter Raninger)に学ぶ。

1979年ダルムシュタット歌劇場に出演し、『ウィンザーの陽気な女房たち』でアンナ役を歌ってデビュー。その後5年間のうちにドイツ全土とコヴェント・ガーデンおよびスカラ座で活躍した。1988年リヒャルト・シュトラウスの『ナクソス島のアリアドネ』によりメトロポリタン歌劇場にデビューを果たす。

1994年カルロス・クライバー指揮ウィーン国立歌劇場来日公演にて、R・シュトラウスの『ばらの騎士』のゾフィー役で絶賛を博した。

偉大なリリック・ソプラノ歌手の一人として世界的に評価されており、オペラのほかにソリストとして演奏会でも活躍し、多くの偉大な指揮者と共演を重ねている。リート歌手としても多くの録音数を誇る。レパートリーは幅広く、モーツァルトメンデルスゾーンツェムリンスキーなどのリート、マーラー声楽つき交響曲ヴェルディの『ファルスタッフ』など。

現在はイギリス王立音楽アカデミーで教鞭を執る。前夫はスウェーデンの名バリトン歌手ホーカン・ハーゲゴール

1999年10月12日茨城県水戸市水戸芸術館にて開催が予定されていたリサイタルは、東海村JCO臨界事故の影響を懸念して中止された、とされている[1]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中止告知 水戸芸術館ホームページ