バーバラ・ピアーズ・ブッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーバラ・ピアーズ・ブッシュ
Barbara Pierce Bush

バーバラ・ブッシュ(1989年)


任期
1989年1月20日 – 1993年1月20日
前任者 ナンシー・レーガン
後任者 ヒラリー・クリントン

任期
1981年1月20日 – 1989年1月20日
前任者 ジョアン・モンデール
後任者 マリリン・クエール

出生 1925年6月8日(89歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーククイーンズ区
配偶者 ジョージ・H・W・ブッシュ
親族 マービン・ピアーズ、ポーリン・ロビンソン
子女 ジョージ・ウォーカー・ブッシュポーリン・ロビンソン・ブッシュジェブ・ブッシュニール・ブッシュマーヴィン・P・ブッシュドロシー・コック
居住地 テキサス州ヒューストン
職業 過去のファーストレディ
信仰 聖公会

バーバラ・ピアーズ・ブッシュBarbara Pierce Bush, 1925年7月8日 - )は、第41代アメリカ合衆国大統領ジョージ・H・W・ブッシュの妻であり、1989年から1993年までファーストレディであった。彼女は、第43代アメリカ合衆国大統領ジョージ・ウォーカー・ブッシュフロリダ州知事ジェブ・ブッシュの母親であり 、スコット・ピアーズの姉である。

生い立ち[編集]

バーバラ・ピアーズはマービン・ピアーズ(1893-1969)とポーリン・ロビンソン(1896-1949)の間の三番目の娘であった。父親は女性誌『Redbook』および『McCall's』の出版者で後のマッコール株式会社の社長であった。彼女はニューヨーク州ニューヨーククイーンズ区で生まれ育ち、サウスカロライナ州チャールストンのアシュレイ・ホールで寄宿学校に入学した。

彼女の祖先はトマス・ピアーズという名の初期のニューイングランド入植者で、ピアーズは第14代アメリカ合衆国大統領フランクリン・ピアーズの祖先であった。

彼女の母親は『W』誌で「美しく、素晴らしく、重大で、お節介屋」「浪費癖を持つオハイオからの元美人」と評されたことがあるが、自動車事故死している。事故は夫が自動車を運転しているときに一杯のホットコーヒーが妻の上に滑り落ちるのを止めようとしてコントロールを失い、石壁に衝突した。ポーリン・ピアーズは即死であった。

結婚と家族[編集]

彼女は17歳のクリスマス休暇に、マサチューセッツ州アンドーヴァーのフィリップス・アカデミーの新入生ジョージ・H・W・ブッシュに出会いダンスをする。一年半後二人は、ちょうどジョージが海軍パイロットとして第二次世界大戦に従軍する直前に結婚を約束する。

ジョージが休暇で帰国したとき、バーバラはマサチューセッツ州ノーサンプトンのスミス・カレッジを中退していた。二週間後の1945年1月6日に彼らは結婚した。

戦後ジョージはイェール大学を卒業し、彼らはテキサス州ミッドランドへ転居する。二人の間には6人の子供が生まれた:

その間に、ジョージ・H・W・ブッシュは製油業ビジネスを構築した。

ブッシュ一家は結婚後29回転居した。夫が様々な政府の仕事に従事して家族から離れている間、彼女は単独で家族の面倒を見た。


後年[編集]

現在バーバラ・ブッシュは夫と共にテキサス州ヒューストンおよびメイン州ケネバンクポートの広大な庭園、ブッシュ・コンパウンドで暮らしている。彼らはホワイトハウスに頻繁にゲストとして招かれている。

彼女はアメリケアーズおよびメイヨー・クリニックの委員を務め、バーバラ・ブッシュ財団の理事長である。また彼女は2冊の本『Millie's Book』(1990年)、自叙伝『Barbara Bush: A Memoir』(1994年)を著している。

テキサスの2つの小学校、ヒューストン独立学区の一校およびグランドプレーリーのダラス郊外の一校が彼女にちなんで命名されている。メイン州ポートランドのメイン医療センターのバーバラ・ブッシュ小児科病院も彼女にちなんで命名された。さらに、ジョージ・W・ブッシュの双子の娘のうちの一人もバーバラと名付けられた。

論争[編集]

バーバラ・ブッシュは辛辣なコメントや、しばしば論争の元となる見解を示すことで有名である。

1945年8月6日の広島市への原子爆弾投下の報にさいして、回顧録に「日本への原爆投下の報を聞き、うれしく思った。これで太平洋戦線に海軍パイロットとして出撃している婚約者のジョージが無事に帰られると考えたからだ」と記した[要出典]

2003年3月18日には「なぜ私たちが遺体袋や死に関して聞かなければならないの。なぜ私がそのようなものに美しい心を費やさなければならないの」とABCグッド・モーニング・アメリカで述べた[1][2]。元ファーストレディの批判者はこの発言は彼女がいかに無感覚で冷酷かを表していると主張する。その一方で支持者は、ブッシュ夫人はイラク戦争が始まる前に単に死の推測を忘れ去っているだけだったと反証した。

2005年9月5日、テキサス州ヒューストンのハリケーン・カトリーナ救済センターを訪れた際にブッシュ夫人はNPRのラジオ番組『マーケットプレイス』で「みんなテキサスへ留まりたいと言っているらしいわね。全員、とっても親切に歓迎されているものね。まあ、この球場にいる人たちの多くは、どうせいずれにせよ恵まれない人たちなんだから、彼らにとってはうまくまわっているわよね」[3]」と語った。多くの人が、この発言が彼女のエリート主義・人種差別主義の性質(アストロドームの15,000人の避難民はほとんどが貧しい黒人であった[4][5])を示したと主張した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ナンシー・レーガン
アメリカのファーストレディ
1989年 - 1993年
次代:
ヒラリー・クリントン