バーニーズ・ハウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バーニーズ・ハウンド(英:Bernese Hound)は、スイスベルン地域原産のセントハウンド犬種のひとつである。別名はバーニーズ・ラウフフント(英:Bernese Loufhund)、ベルナー・ラウフフント(英:Berner Loufhund)。

歴史[編集]

スイスの山岳猟犬種、バーニーズ・ハウンドの中では最も古い種類のひとつで、且つ名が知られたものである。11世紀に作られたチューリッヒ大聖堂には本種の姿を模った美術品が存在し、ローマ時代の作のモザイク画にも本種らしき犬の姿が描かれている。

主にノロジカを狩るのに用いられるが、獲物の減少に伴ってノウサギ狩りに使われるものも多い。獲物の臭いを追跡し、発見するとどこまでも追いかけて体力を奪い、仕留める。

今日は原産国のスイスでもかなり希少な存在になっており、まずその姿を簡単に見ることはできない。大半の犬は実用犬かショードッグとして飼育され、ペットとして飼われているものは数少ない。原産地以外ではほとんど飼育されていない。

特徴[編集]

バーニーズ・ハウンドの毛色はホワイトをベースとし、ブラックとタンのマーキングが入ったものである。コートは滑らかな短毛。筋肉質の引き締まった体つきで、脚や胴、マズルや尾が長い。マズルの先は尖っている。首は均等が取れているが丈夫である。耳はやや長めの垂れ耳、尾は飾り毛のない先細りの垂れ尾。胸は深い。体高46〜58cm、体重15〜20kgの大型犬で、性格は忠実で従順、狩猟本能が高い。しつけの飲み込みや状況判断力、友好性は普通である。スタミナが多く、運動量は莫大である。尚、吠え声はよく響くので、集合住宅での飼育にはあまりむいていない。

参考文献[編集]

  • 『犬のカタログ2004』(学研)中島眞理 監督・写真
  • 『日本と世界の愛犬図鑑2007』(辰巳出版)佐草一優監修
  • 『デズモンド・モリスの犬種事典』デズモンド・モリス著書、福山英也、大木卓訳 誠文堂新光社、2007年
  • 『日本と世界の愛犬図鑑2009』(辰巳出版)藤原尚太郎編・著
  • 『日本と世界の愛犬図鑑2010』(辰巳出版)藤原尚太郎編・著

関連項目[編集]