バート・ピルモント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen bad pyrmont.svg Locator map HM in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: ハーメルン=ピルモント郡
緯度経度: 北緯51度59分
東経09度15分
標高: 海抜 90 - 376 m
面積: 61.96 km²
人口:

19,008人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 307 人/km²
郵便番号: 31812
市外局番: 05281
ナンバープレート: HM
自治体コード: 03 2 52 003
行政庁舎の住所: Rathausstraße 1
31812 Bad Pyrmont
ウェブサイト: www.stadt-badpyrmont.de
首長: エルケ・クリスティーナ・レーダー (Elke Christina Roeder)
郡内の位置
Bad Pyrmont in HM.svg

バート・ピルモント(Bad Pyrmont、[bat pyrˈmɔnt]または[ˈpyrmɔnt])は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ハーメルン=ピルモント郡に属す市。

地理[編集]

バート・ピルモント市はハーメルン(約20km)とパーダーボルン(約60km)との間のヴェーザーベルクラント地方に位置し、ドイツ=オランダ観光街道のオラニア・ルートに面している。エンマー川市域を流れている。

隣接する市町村[編集]

この街に隣接する市町村は、北から時計回りに、アエルツェン、エンマータール、ザムトゲマインデ・ポレ(オッテンシュタイン、ファールブルーフ)、およびノルトライン=ヴェストファーレン州リッペ郡のリュクテ、ブロムベルク、バルントルプである。

市の構成[編集]

  • ピルモント
  • エスドルフ
  • ホルツハウゼン
  • タール
  • レーヴェンゼン
  • ネールゼン
  • バールゼン
  • アイヒェンボルン
  • グローセンベルク
  • クライネンベルク
  • ハーゲン

歴史[編集]

バート・ピルモントはニーダーザクセン州の州立温泉であり、国内外の身分の高い賓客にふさわしい温泉施設を数多く有する伝統的な温泉保養地である。1556年から1557年に温泉の治療効果が発見され、奇蹟の湯と言われて、全ヨーロッパから1万人が訪れたことで有名である(「グローセス・ヴンダーゲロイフ」と呼ばれる)。この街は、アルプスの北側で最大の屋外のヤシの施設であるヤシの庭園をもつドイツで最も美しいクアパークを有している。また、炭酸モフェッタとして噴出する「ドゥンストヘーレ」も唯一のものである[2]。ピルモントの温泉医ヨハン・フィリップ・ザイプは1712年にピルモントへ来て、この現象を調査した。この炭酸は治療物質としても使われた。現在は6つの薬湯が利用されている。

すでにローマ人やゲルマン人はピルモントの薬湯を知っており、利用していた。これは、1863年にブローデル水源付近の工事現場で発掘された約300個のフィブラ、3枚のデナリウス銀貨、ローマ属州お玉杓子によって裏付けられている。これらの出土品は紀元前1世紀から紀元4世紀に製作されたもので、その中心は明らかに2世紀の終わりから3世紀の初めである。これは紛れもなく古い泉の聖域に関連する証拠品である。

ピルモンテ集落の起源は中世である。ハインリヒ獅子公の失墜後、1180年に旧ザクセン公国の西部はケルン大司教のものとなった。シュヴァーレンベルク伯も大司教に降伏した。ケルン大司教フィリップ1世フォン・ハインスベルクはシュヴァーレンベルク伯領のシェレンベルクに城砦を築いた。この城砦はケルン司教区の守護聖人ペテロにちなんでラテン語で「petri mons」と命名され、ドイツ語でペータースベルクと呼ばれた。ピルモントは1184年に初めて史料に登場する。表記は「piremont」であった。この2つの名前のどちらから現在のPyrmontとなったのかは明らかでない。中世、ピルモントは小邦ピルモント伯領の中心地であった。この伯領は1625年に、相続によってヴァルデック伯家のものとなった。1625年5月7日にグライヒェン伯ハンス・ルートヴィヒはヴァルデックの領主権を従兄弟のクリスティアンとヴォルフラートに委ねた。当時のピルモントは、いわゆる「聖なる泉」の周囲の古い水城と数軒の小さな家からなっていた。

ピルモント伯領はニーダーライン=ヴェストファーレン帝国クライスに属した。ヴァルデック家の最も有名な当主ゲオルク・フリードリヒ・ツー・ヴァルデック(1620年 - 1692年)は、1668年にクヴェルバッハをふさいで、後に有名になる4列のボダイジュの並木道を造営した。その後クリスティアン・ルートヴィヒ・ツー・ヴァルデック(在位:1692年 - 1706年)、アントン・ウルリヒ・ツー・ヴァルデック(在位:1706年 - 1728年)が跡を継いだ。彼が亡くなる頃、ピルモントには現在も見られる総合的なコンセプトが生まれた。それはバロック様式の城館、ハウプトアレー(中央並木道)と多くの並木道の脇道、ブルンネン通りで構成される。当時のピルモントは上流階級に人気の温泉療養地へとその地位を上げはじめ、遂に有名なカールスバートとヨーロッパ随一の温泉地を争うまでになっていた。

1681年、ピルモントで「フュルステン・ゾンマー(諸侯の夏)」と呼ばれる帝国諸侯の大集会が行われた。1712年にヴァルデックとピルモントの伯は神聖ローマ皇帝カール6世によって侯に昇格した。1720年には「ノイシュタット・ピルモント」に都市権が授けられた。相続分配に伴って1805年にピルモンテは1812年まで一時的に独立市となったが、その後ヴァルデックに併合された。このヴァルデック=ピルモント侯は1815年ウィーン会議でその存続が確認され、ドイツ連邦に参加した。1868年からはプロイセン王国の統治下に組み込まれたが、名目上の主権は保持され、ヴァルデック=ピルモント侯は1871年ビスマルクドイツ帝国に参加した。ピルモントは1872年に鉄道ハノーファー - アルテンベーケン線に接続し、1879年には駅から市内への馬車鉄道も設けられた。第一次世界大戦後、最後の侯が退位し、ヴァルデック=ピルモント侯領はヴァイマル共和政下の州となった。

1914年にピルモントはバート・ピルモントと改名した[3]。市とその周辺のベツィルク(行政単位)は、住民投票に基づき、1921年11月30日に独立した州からプロイセン王国のハノーファー県に編入された。1922年4月1日にエスドルフがこの市に合併した。1940年、市庁舎機能がブルンネン通りの旧郵便局に移転した(現在は老人ホーム)。1938年4月1日、ホルツハウゼンが合併した。1956年10月16日にバート・ピルモントは「自立都市」となった。1973年1月1日にバールゼン、アイヒェンホルン、グローセンベルク、ハーゲン、クライネンベルク、レーヴェゼン、ネールゼン、タールが合併し、これによりわずかな境界線の異同はあるものの旧伯領全域で1市を形成することとなった。

2006年10月18日から20日に全ドイツの大臣や市町村の首長を集めた会議がバート・ピルモントで開催された。

2007年5月15日から16日には、Germany 2007 - Presidency of the European Union の活動として、男女同権と家族問題のための非公式大臣会議が開催された[4]

宗教[編集]

  • プロテスタントルター派の教会組織
    • クリストゥス市教会(フリードリヒ通り8番地)
    • 聖ペトリ教会(シェレン通り1番地)
    • 聖ヨハネ教会(ザイテンヴェク6番地)
  • カトリック教会組織: 聖ゲオルク教会(バチルディス通り14番地)かつてパーダーボルン大司教区に属すニーダーザクセン州の市町村で唯一のカトリック教会。
  • クエーカー教会組織キリスト友会(バンベルクアレー9番地)ドイツにおけるクエーカーの中心
  • 新使徒派教会: バート・ピルモント市組織(アム・ブルーヒェ4番地)1908年創設。デトモルト教会管区に属す。
  • ユダヤ教会バート・ピルモントe.V.(レーヴェンザー通り9a番地)
  • エホバの証人バート・ピルモント会e.V.(ヘレーネン通り25番地)

行政[編集]

バート・ピルモント市庁舎

議会[編集]

バート・ピルモントの市議会は34議席からなる。

姉妹都市[編集]

バート・ピルモント姉妹都市協会e.V.は市の委託を受けて、姉妹都市との連絡を担っている。私的あるいはサークルレベルでの定期的な相互訪問が行われている。

紋章[編集]

図柄: 銀地のゴシック型の盾に赤いアンカー十字(錨型に先端が別れた十字)[5]

文化と見所[編集]

博物館[編集]

  • 城内博物館
    • 市と温泉の歴史コレクション
    • 特別展
    • 講演会、ガイド、朗読会

建築[編集]

バート・ピルモント城
ブルンネン広場のヒリガー・ボルン
クエーカーハウス
  • ヒューネンブルク。9世紀から10世紀初めの城砦。ケーニヒスベルクの西の尾根にあり、住居塔、周囲を取り巻く堀と防塁跡が遺る。
  • シェレンブルク。1184年頃に建造された城砦。ケルン大司教フィリップ・フォン・ハインスベルクの命令でエンマータール防衛のために建設された。広大な防塁、わずかな荒石造りの壁跡、瓦礫の山が遺っている。
  • シェレン塔。シェレンブルクの廃材により1824年にシェレンブルク山上に建設された。
  • 市の防塁。1526年建造。
  • ピルモント城。バロック古典主義建築の城館。ヴァルデック=ピルモント侯アントン・ウルリヒによって1706年から1710年に建設された。現在は市と温泉の歴史博物館となっている。
  • ブルンネン広場
    • 「ヒリガー・ボルン」泉源。1923年から1924年にアルフレート・ザッセの設計に基づいて建設された泉の四阿がある。
    • 遊歩道
    • フュルステンホーフ(1777年)
    • ウスラー邸(18世紀末)
    • オッケル邸(1838年)
    • アウゲン泉(目の泉)聖オーディリア(視力の守護聖人)の立像がある。
  • ハウプトアレー(中央並木道)
    • 大噴水
    • ロルツィング記念碑
    • クアホテル
    • シャウシュピールハウス(劇場、1818年)
    • カイザーホーフ
    • ブランデンブルク門
    • コンツェルトハウス
    • ウンテーレ・ハウプトアレー(アクア・バート・ピルモント博物館プロジェクト)
  • カイザー広場
    • 18 - 19世紀の宿屋
    • カイザープラッツ4番地の館。ヴァルデック=ピルモント侯の家族の宿舎
    • 戦争記念碑。1870年から1871年の戦争におけるヴァルデック=ピルモントの戦死者を追悼する記念碑で、フリードリヒ・フォルケによって創作された。
  • バチルディス通り。侯妃バチルディス(1873年 - 1962年)にちなんで命名された。
    • 聖ゲオルク教会。カトリックの三廊式ホール教会で、非対象のファサードを持つ。
  • アルテナウ広場
    • フリードリヒ・ドラーケ作の「ドラーケヴァーゼ」
    • ペーター・スツァイフ作の「ニクセンブルン」
    • 1番地から4番地の建物は典型的な古典主義様式の住宅で、現在はペンションを営んでいる。1番地の家には1797年から何年もの間、クリスティアン・ダニエル・ラウフが滞在していた。彼はピルモント出身の彫刻家フリードリヒ・ドラーケを見いだして援助した。
  • ブルンネン通り。1668年に旧「ノイシュタット・ピルモント」に造営された通り。
    • ヘンメリヒ邸(47番地)。1725年にイギリス王ジョージ1世が滞在した。
    • 3番地。「ラートケラー」。1716年にピョートル1世が逗留した。
    • 4番地。1940年から市庁舎として用いられた。かつてはヴァルデック=ピルモント侯国の帝立郵便局であった。
    • ルッターブルン
    • 16番地。「アルター・フリッツ」。1668年建造。1744年と1746年にプロイセン王フリードリヒ大王が滞在した。
    • 28番地。1933年から1940年に市庁舎として使われた。
  • ラウエンガッセ
    • 18番地。フリードリヒ・ドラーケの生家(1805年6月23日生まれ)
  • ロルツィング通り
    • 聖ペトリ教会。プロテスタント。ネオロマネスク様式。1880年に先代の建物跡に建設された化粧漆喰のない赤色砂岩で造られた三棟式バシリカ教会で、二重の翼廊を有する珍しい構造である。中世後期(1475年以降)の祭壇画を持つ。パーダーボルン司教イマードによってリュトゲ教会区から分離され、創設された。
    • ベテスダ老人ホーム。1661年建設。
    • 16番地。1827年から1833年にアルベルト・ロルツィングが住んだ。
  • フリードリヒ通り
    • 市教会。プロテスタント。ネオゴシック様式。1877年完成。内部にフリードリヒ・ドラーケ作の祈る天使の彫刻がある。
  • ボンベルクアレー
    • クエーカーハウス。1800年頃に建設された集会所の一部を利用して1932年から1933年に建設された。
    • クエーカー墓地
    • 旧ユダヤ人墓地。クエーカー墓地の向かい側にある。
    • シュペルンケン塔。1896年建造。
    • ケーニギン・ルイーゼ・バート。全国的に知られた保養センター。
  • アム・ヒリゲン・ボルン
  • ケーニヒスベルク(直訳すると「王の山」)かつてはエスベルクと呼ばれていたが、プロイセン王フリードリヒ2世にちなんで改名された。
    • ビスマルク塔。1913年完成。
    • プロイセン王フリードリヒ2世記念碑
    • プロイセン王妃ルイーゼ記念碑

泉源[編集]

  • ヘレーネン泉源
  • ヒリガー・ボルン(主泉源)
  • ブローデル泉
  • アルター・バーデ泉(ブルンネン広場)
  • アウゲン泉
  • トランペル泉源
  • ゾイアーリングス泉源
  • フリードリヒス泉源
  • 新泉源(現在は使用されていない)
  • ルイーゼ泉源(レーヴェーゼン地区)
  • ヴォルフガング泉源 I(現在は使用されていない)
  • ヴォルフガング泉源 II
  • フーフェラント泉源 I(現在は使用されていない)
  • フーフェラント泉源 II(羊飼いの泉)
  • ザリネン泉源
  • ドゥンストヘーレ(水はなく炭酸が噴出している)
  • シュタインマイアー泉源(真水のみ)
  • イーベルク泉源(真水のみ)

公園と並木道(アレー)[編集]

バート・ピルモントのクアパーク
バート・ピルモントのクアパーク内のヤシの庭
  • ヤシの庭を有する歴史的なクアパーク。この公園はヨーロッパで最も美しい公園の1つであり、2005年に Briggs & Stratton の「最も美しいドイツの公園」に選ばれた。
  • 中央クアパーク(上記クアパークとビスマルク通りとの間、ケーニギン・ルイーゼ・バーデの西)
  • ベルククアパーク(ビスマルク通りの北、森まで)
  • バート・ピルモント動物園(バート・ピルモントとエスドルフとの間のエンマー川沿い)
  • ヒルシュ公園(フーフェラント・テルメとビスマルク通りとの間)。ザームエール・ヒルシュに因んで命名された。
  • フリードリヒ公園(フリードリヒ通り、ザイプ通り、ボンベルガーアレーの間)。ヴァルデック=ピルモント侯フリードリヒにちなんで命名された。
  • ハウプトアレー。1668年に初めて街路樹が植樹された。
  • クロスターアレー
  • シュプリングブルンネンアレー
  • ブルンネンシュトラーセンアレー
  • アレー・アム・ヒリゲン・ボルン
  • アレーン・ドライシュトラール
  • クアハウス・アレー
  • シュロスアレー
  • アツァレーンヴェク
  • ゴルトフィッシュ池の畔のホーエ・ヘッケ
  • ボンベルクアレー

スポーツ[編集]

スタジアムの他に、2つの公共プール(アホイ・バートとフーフェラント・テルメ)、ゴルフ場(ゴルフクラブ・バート・ピルモントe.V.)や多くの乗馬クラブがある。

また、1998年から毎年バート・ピルモント・マラソンが開催される。

経済と社会資本[編集]

バート・ピルモント駅

交通[編集]

鉄道ハノーファー - アルテンベーケン線のバート・ピルモント駅にはハノーファーSバーン5号線(パーダーボルン - ハーメルン - ハノーファー中央駅 - ハノーファー空港)の列車が発着する。駅舎は1978年に建設されたものである。

市域内は市バス網で結ばれている。地方バスがレムゴーシーダー=シュヴァーレンベルク、ブロムベルクなどに通っている。リッペ郡へのバスにはオストヴェストファーレンリッペ交通連盟のゼヒザー料金またはNRW料金が適用される。

またバート・ピルモントにはケーブルカー(ボンベルクバーン)やピルモンター路面鉄道の馬車鉄道がある。

グライダーウルトラライトプレーンモーターグライダー、スポーツ飛行機など 2,000 kg までの機種が利用できるハーメルン=ピルモント飛行場が約 10 km の距離にある。

交通の便がよいバート・ピルモントにはキャンプ場「キャンピングパーク・シェレンタール」がある。また、市の中心部ならびに温泉施設に隣接したプールに面して22台のキャンピングカーが利用できるオートキャンプ場がある。

地元企業[編集]

  • Phoenix Contact(電子コネクタ、インターフェース)
  • ProDiakoホールディングのバチルディス病院
  • バート・ピルモント専門病院リウマチセンター
  • Deutsche Rentenversicherung Bund のヴェーザー病院
  • Deutsche Rentenversicherung Braunschweig-Hannover のブルンスヴィーク病院
  • Deutsche Rentenversicherung Braunschweig-Hannover のフリードリヒスヘーエ病院
  • バート・ピルモント精神身体医学専門病院
  • 自然治癒と生薬の Dr. オットー・ブーヒンガー病院
  • シュピールバンク・ニーダーザクセンGmbH (SNG) の支店
  • ヴェーザーラント病院

教育[編集]

  • バート・ピルモント職業訓練学校
  • 養護学校: ペスタロッツィシューレ
  • ギムナジウム: フンボルト・ギムナジウム
  • 実科学校: マックス・ボルン実科学校
  • 基礎課程・本課程学校: ヘルダーシューレ
  • 基礎課程学校: 5校(うち2校は上記ヘルダーシューレの分校である)

バート・ピルモントには、ドイツ赤十字ニーダーザクセン州連盟の、ランデスシューレ(州学校)もある。

人物[編集]

出身者[編集]

  • フリードリヒ・ドラーケ(1805年 - 1882年)彫刻家、建築家。最も有名な作品はベルリン戦勝記念塔頂上の女神ヴィクトリア像である。
  • ライナー・ブリュニングハウス(1949年 - )ジャズピアニスト、作曲家。

ゆかりの人物[編集]

著名な逗留者[編集]

参考文献[編集]

  • Jan Bemmann, Güde Hahne: Ältereisenzeitliche Heiligtümer im nördlichen Europa nach den archäologischen Quellen. In: Germanische Religionsgeschichte. Quellen und Quellenprobleme. Ergänzungsbände zum Reallexikon der Germanischen Altertumskunde. Bd 5. Berlin 1992, S.29–69. ISBN 3-11-012872-1
  • Joachim Garfs, Ursula Möhring: Bad Pyrmont. Portrait eines Kurortes. Uhlmann, Bad Pyrmont 1994. ISBN 3-9800596-6-9
  • Joachim Garfs: Begegnung mit Bad Pyrmont. Ursprung, Vergangenheit, Gegenwart. Uhlmann, Bad Pyrmont 1983. ISBN 3-9800596-2-6
  • Hans Krol: Ontmoetingen met Bad Pyrmont (Historisch Begegnungen mit Bad Pyrmont). In: HeerlijkHeden Oud Heemstede- Bennebroek, Nummer 102, November 1999, S. 252-266.
  • A. Lilge (Hrsg.): Bad Pyrmont - Tal der sprudelnden Quellen. Zur Geschichte der Pyrmonter Heil- und Mineralquellen. Ausstellungskatalog. Bad Pyrmont 1992.
  • Kurt Lindhorst: Die Geschichte des Rathauses der Stadt Bad Pyrmont. Stadt Bad Pyrmont, Bad Pyrmont 1989.
  • Kurt Lindhorst, Wolfgang Warnecke: Bad Pyrmont. Ein historischer Rundgang. Kurt Lindhorst und Bad Pyrmont Tourismus GmbH, Bad Pyrmont 2004.
  • Kurt Lindhorst: Erinnerungen. Lindhorst, Bad Pyrmont 2008.
  • Wilhelm Mehrdorf, Luise Stemler: Chronik von Bad Pyrmont. Bd 1. Geschichte des Bades Pyrmont. Bd 2. Geschichte der Stadt Bad Pyrmont. Bad Pyrmont 1967.
  • Joachim Bühring: Die Kunstdenkmäler des Landkreises Hameln-Pyrmont. Die Kunstdenkmäler der Provinz Hannover. Bd 35. Hrsg.v. Niedersächsischen Landesverwaltungsamt Hannover. Textband. Hannover 1975, S. 24ff. ISBN 3-88079-001-9
  • Wilhelm Raabe: Der heilige Born. Blätter aus dem Bilderbuch des sechzehnten Jahrhunderts. Janke, Berlin 1861, 1891 (historischer Roman, behandelt u. a. das „große Wundergeläuf“ von 1556/57 und das Ende der Grafen von Spiegelberg)

これらの文献は、翻訳元であるドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成に際し直接参照してはおりません。

引用[編集]

  1. ^ ニーダーザクセン州統計およびコミュニケーション局 - 人口統計
  2. ^ Die Dunsthöhle - Ein in Deutschland einmaliges Naturphänomen シュターツ・ピルモント 2008年6月28日付
  3. ^ Geschichte in Zahlen (バート・ピルモント市のウェブサイト)
  4. ^ Informelles Minister- und Ministerinnentreffen für Gleichstellung und Familie in Bad Pyrmont
  5. ^ Hauptsatzung der Stadt Bad Pyrmont, gültig ab 25. November 2005

外部リンク[編集]