バーティ・エアテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーティ・エアテル
Bharti Airtel
種類 公開株式会社
市場情報 BSE532454
本社所在地 インドの旗 インド
ニューデリー
設立 1995年
業種 通信
事業内容 電話通信
売上高 約1,080億ルピー(2005)
営業利益 約170億ルピー(2005)
従業員数 5,000人(2005)
外部リンク www.airtel.in
テンプレートを表示

バーティ・エアテル英語: Bharti Airtelヒンディー語: भारती एयरटेल) は、インドの電気通信事業者。 インド国内で「Airtel」ブランドのGSM携帯電話通信事業を展開する。 ボンベイ証券取引所に上場している。

概要[編集]

2006年1月に「バーティ・テレベンチャーズ」から「バーティ・エアテル」に社名変更している。移動通信ブロードバンド電話回線、ビジネスサポートの3つを主体事業としている。このため、移動通信回線、固定電話、長距離通信、インターネット回線などのサービスを展開し、移動通信についてはインド国内の全23通信網を網羅し、携帯電話利用者数は国内1位である。2005年時点においてGSM利用者は約1,300万人、ブロードバンド電話回線の利用者は130万人におよぶ。

2011年にはインドで初の開催となったF1インドグランプリ冠スポンサーとなった。

特記事項[編集]

会長のスニル・バーティ・ミタルは、日本企業ソフトバンク孫正義社長)の社外取締役を務めていたが2013年6月に任期満了により退任。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 新華ファイナンスジャパン:編『中国・インド企業データ 2006-2007』毎日新聞社、2006年

外部リンク[編集]