バージニア (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Texas (SSN-775) christening ceremony.jpg
艦歴
発注 1999年9月30日
起工 2000年9月2日
進水 2003年8月16日
就役 2004年10月23日
その後
性能諸元
排水量 7,800 t
全長 114.9 m (377 ft)
全幅 10.3 m (34 ft)
吃水 9.8m (32 ft)
機関 S9G 原子炉
最大速 水上:25ノット (46 km/h)
水中:32ノット (59 km/h)
潜行深度 800 ft (250 m)
乗員 士官、兵員113名
兵装 VLS 12基
21インチ魚雷発射管 4基
モットー Sic Semper Tyrannis
(Thus Always To Tyrants)

バージニア (USS Virginia, SSN-774) は、アメリカ海軍の攻撃型原子力潜水艦バージニア級原子力潜水艦の1番艦。艦名はバージニア州に因む。その名を持つ艦としては10隻目。

艦歴[編集]

バージニアは1999年9月2日にコネチカット州グロトンエレクトリック・ボート社で起工した。2003年8月16日にリンダ・ジョンソン・ロブ(元バージニア州知事及び上院議員チャールズ・ロブの妻、第36代大統領リンドン・ジョンソンの娘)によって命名、進水する。2004年3月10日、11日にバージニアはテムズ川に向けて12発のダミーの魚雷を発射した。

バージニアは2004年10月12日、アメリカ海軍2隻目の潜水艦であるホーランド (USS Holland, SS-1) の就役104周年記念日に海軍に引き渡され、2004年10月23日にデービッド・J・カーン艦長の指揮下就役する。

2005年11月23日、バージニアは対テロ戦争支援の最初の配備を完了した。

2006年1月12日にバージニアは公試後有用性検査のためにエレクトリック・ボート社のドック入りした。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]