バンベルガ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンベルガ
324 Bamberga
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1892年2月25日
発見者 ヨハン・パリサ
軌道要素と性質
元期:2007年4月10日 (JD 2,454,200.5)
軌道長半径 (a) 2.683 AU
近日点距離 (q) 1.776 AU
遠日点距離 (Q) 3.590 AU
離心率 (e) 0.338
公転周期 (P) 4.39 年
軌道傾斜角 (i) 11.11
近日点引数 (ω) 44.01 度
昇交点黄経 (Ω) 328.05 度
平均近点角 (M) 184.11 度
物理的性質
三軸径 246 × 228
× 220 km[1]
質量 1.1 ×1019kg
平均密度 1.8 g/cm3
表面重力 0.014 m/s2
脱出速度 0.23 km/s
自転周期 29.43 時間
スペクトル分類 CP
絶対等級 (H) 6.82
アルベド(反射能) 0.0628
表面温度
最低 平均 最高
~172 K
色指数 (B-V) 0.695
色指数 (U-B) 0.309
■Project ■Template

バンベルガ (324 Bamberga) は小惑星帯の中で16番目に大きい天体である。1892年2月25日にヨハン・パリサによってウィーンで発見され、200kmを超える小惑星として最後の発見になった。地球近傍小惑星エロスを除いて、双眼鏡で見える小惑星としても最後に発見されたものとなった。ドイツの都市、バンベルクから名づけられた。

離心率が高いことから、視等級が大きく変わる。大接近時(近日点の付近で衝になった時)は+8.0等級に達し、その明るさは土星衛星タイタンにも匹敵する。このような位置で見られるのは22年ごとで、前回は1991年、次回は2013年のことである。近日点距離に来た時のバンベルガはC型小惑星の中では最も明るく、2番目に明るいヒギエアの+9.1よりも、およそ1等級明るい。大接近時のバンベルガは、+9.5等級よりも明るい小惑星の中では最も地球に近い位置にあり、その距離は0.78天文単位である。例えばイリス裸眼で見える距離になっても0.85天文単位までしか近寄らず、ベスタにしても1.13天文単位までである。

バンベルガは小惑星帯の中で10番目に明るい天体であり、バンベルガより明るい天体の明るさの順番はベスタ、パラスケレス、イリス、ヘーベジュノーメルポメネエウノミアフローラとなっている。ただし冥王星の1.36倍と離心率が非常に大きいため、大接近時以外は他の小惑星の方が明るく見えることもある。

また、大きな小惑星としては自転周期が非常に長く、C型小惑星とP型小惑星の中間の特徴を持つとされる。

1987年12月7日-8日中国から日本アメリカにかけて掩蔽が観測され、直径が228kmと測定された。その後、2007年4月20日にはオーストラリアで掩蔽が観測された。 これらの結果や測光観測などから、バンベルガの自転軸の方向は黄経λ=332±48°、黄緯-64±22°の逆行であることが判明した[2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ファエオ (小惑星)
小惑星
バンベルガ (小惑星)
次の小惑星:
ハイデルベルガ (小惑星)