バンバ (スナック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンバ (ヘブライ語: בַּמְבָּה‎)
発祥
発祥地 イスラエル
考案者 オセム英語版
料理詳細
フルコース 軽食
主な材料 ピーナッツバター
他の種類 スイートバンバ、ヌガー味バンバ、ハルヴァ味バンバ
カロリー 100グラムあたり544カロリー

バンバ (ヘブライ語: בַּמְבָּה‎)とはイスラエルホロンの食品会社であるオセム英語版が販売しているピーナッツバター味のスナック菓子である。イスラエルで最も食べられているスナック菓子の一つであり、1963年[1]から販売数減少無しに売られており、イスラエルにおけるスナック菓子市場で25%のシェアを持っている[2]。競合する商品にはテルマ社の「パーパー(ParPar)」やストラウス・エリート英語版の「シュシュ(Shush)」がある。

ピーナッツバターの味付けをしている膨張させたコーンであり、コレステロール防腐剤着色料をカットしており、数種類のビタミンを豊富に含ませている。ただし、脂肪も大量に含んでおり、100グラムあたり544カロリーもある。ユダヤ教宗教裁判所英語版によるカシュルートの認定を受けており、「チーズの無いチーズ・ドゥードゥル英語版」と評されることもある[3]

製造工程[編集]

ピーナッツバター味のバンバ

長いライン上でトウモロコシの粗粒を高圧にかけて膨張させ味付けをしていないバンバができる。ライン上でナゲットサイズにカットされ、乾燥室に送られ、20秒間熱風で焼かれ、クリスピーな食感になり、最後にアルゼンチン産のピーナッツバターがかけられる。従業員は回転ドラム下の台に立って、注ぎ容器でピーナッツバター液を注入する。ドラムが回転するごとにナゲットはコーティングされ、熱い状態のバンバはベルトコンベアで運ばれる内に冷えてパッケージングされる[4]

種類[編集]

バンバにはスイートバンバ(ヘブライ語: במבה מתוקה‎)と呼ばれるイチゴ (strawberry味があり、楕円形ではなく丸い形でパッケージの色が赤いことからイスラエル人からはレッドバンバ(ヘブライ語: במבה אדומה‎)とも呼ばれている。かつては人工着色料が使われていたが、現在はビートの根で着色されている[4]。2008年、オセム社は新商品としてヌガー味のバンバを発売。ヌガー味はスデロットにあるオセム社の工場で生産されている。また、オセム社の親会社であるネスレグループの製品で最も成功した商品の一つになった[5]。2010年にはハルヴァ味とチョコレート味のバンバが発売された。

批判[編集]

バンバは健康的な子供向けスナック菓子として推奨するべきではない複数の医学専門家によって主張されている。彼らはバンバが健康的という主張自体虚偽なうえ、バンバに含まれるビタミンで栄養素の過剰摂取につながると発言している[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Bamba's page on Osem's website - ウェイバックマシン(2009年6月22日アーカイブ分)
  2. ^ Granof, Leah (2007年1月11日). “The Bisli Snack attack” (English). The Jerusalem Post. http://fr.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1167467709196&pagename=JPost/JPArticle/ShowFull 2007年1月13日閲覧. "Despite the apparent popularity of Bisli, the bite-sized nosh comes in decidedly second to Israel's other national pastime, Bamba, in the hierarchy of snack foods - capturing just 15% of the snack market in comparison to Bamba's 25%." 
  3. ^ Squires, Sally. “Lean Plate Club”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/discussion/2006/05/12/DI2006051200765_pf.html 2010年4月26日閲覧。 
  4. ^ a b Bamba: A little taste of Israel”. 2011年10月17日閲覧。
  5. ^ Tsoref, Ayala (2008年12月29日). “Nestle honcho drops in the see Bamba baby, Haaretz”. Haaretz.com. 2011年10月17日閲覧。
  6. ^ Khromchenko, Traubmann (2007年4月6日). “Peanut-flavored snacks - not as nutritious as they claim” (English). Haaretz. http://www.haaretz.com/hasen/spages/846016.html 2007年4月8日閲覧。 

外部リンク[編集]