バンバーガーのトリアジン合成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バンバーガーのトリアジン合成(Bamberger triazine synthesis)は、1892年ユーゲン・バンバーガーによって初めて報告された、トリアジン有機合成法である[1]

Bamberger triazine synthesis

基質は、アニリンの類似化合物と亜硝酸ナトリウム塩酸、そしてピルビン酸ヒドラゾンの反応から得られるアリールジアゾニウム塩である。このアゾ中間体は硫酸酢酸によって3段階でベンゾトリアジンに変換される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Hassner, A., Stumer, C., Organic Synthesis Based on Name Reactions: 2. nd. Ed. Tetrahedron Organic Chemistry Series, Volume 22 Pergamon, Oxford ISBN 0-08-043260-3

関連項目[編集]