バンジャマン・ゴダール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンジャマン・ゴダール
Benjamin Godard
1882年撮影の写真}
1882年撮影の写真
基本情報
出生 1849年8月18日
フランスの旗 フランスパリ
死没 1895年1月10日(満45歳没)
フランスの旗 フランスカンヌ
職業 作曲家

バンジャマン・(ルイ・ポール)・ゴダールBenjamin (Louis Paul) Godard, 1849年8月18日 パリ1895年1月10日 カンヌ)は19世紀フランス作曲家オペラ作曲家としての成功を望み、おびただしい数の作品を遺したが、今日ではほとんどが忘れられており、かろうじてサロン小品の作曲家として記憶されているにすぎない。

ユダヤ人の家庭に生まれる。パリ音楽院でルベに和声法を、ヴュータンヴァイオリンを師事。ヴュータンに同行して2度ドイツを訪れている。室内楽にも没頭した。

ゴダールは実にやすやすと作曲し、あらゆるジャンルにわたって大量に作曲を行なった。1876年に《ヴァイオリン協奏曲「ロマンティック」》(Concerto romantique)がコンセール・ポピュレールにおいて初演され、その他の大作もこの演奏会で上演された。

1878年に、パリ音楽院院長テオドール・デュボワと、パリ市主催の作曲コンクールにおいて優勝を分かち合った。入賞作品は合唱交響曲《タッソーLe Tasso》であり、ことによると最も重要なゴダール作品かもしれない。その頃から驚くほどたくさんの作品を物している。4つの歌劇のうち、《サラメアのペドロ Pedro de Zalamea》は1884年アントウェルペンで、人気の「子守唄」の出典である《ジョスラン Jocelyn》は1888年にパリで初演された。

そのほかに管弦楽曲やバレエ音楽、協奏曲、演奏会用序曲を数多く残しており、《交響曲「伝説」Symphonie légendaire 》《交響曲「ゴチック風Symphonie gothique 》、管弦楽曲《ディアーヌ Diane 》、ピアノ曲《マズルカ第2番》《ワルツ第2番》《Au Matin》《Postillon》《En Courant》《En Train》《Les Hirondelles》は特筆するに値しよう。数多くの《ヴァイオリン・ソナタ》のうち《第4番》作品12は、第2楽章のスケルツォ変拍子(5/4拍子)を用いている。繊細この上ない歌曲も100曲以上手懸け、《フロリアンの唄》はさまざまに編曲されて人気を呼んだ。《12の歌曲》作品12では自らの詩を用いている。

ゴダール作品は、たとえ単に膨大な作品数のためにすぎないにせよ、類がない。ゴダールは割合に小規模な作品において、最も本領を発揮している。より野心的な作品のうち、最も個性的と言いうるのは、《伝説交響曲》であろう。

晩年のゴダールは結核に苦しみ、1892年コート・ダジュールへ隠棲して1895年にカンヌで死去した。パリのタヴェルニーの家族の墓地へ埋葬されている。

外部リンク[編集]