バンコク・エアウェイズ266便事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンコク・エアウェイズ266便
バンコク・エアウェイズのATR 72
オーバーランの概要
日付 2009年08月04日 (2009-08-04)
概要 オーバーラン
乗客数 68人
乗員数 4人
負傷者数
(死者除く)
41人
死者数 1人(パイロット)
生存者数 71人
機種 ATR 72-212A
機体名 Pha Ngan
運用者 バンコク・エアウェイズ
機体記号 HS-PGL
出発地 タイ王国の旗 タイクラビー空港
目的地 タイ王国サムイ空港

バンコク・エアウェイズ266便事故: Bangkok Airways Flight 266)とは、2009年8月4日にタイ・サムイ空港行きの定期国内便、バンコク・エアウェイズ266便が着陸時に滑走路をオーバーランして無人の管制塔に衝突した事故である。

機体[編集]

事故機はATR 72-212Aで機体記号はHS-PGL[1]、シリアル番号は670であった。この機体は2001年6月6日にフランスで機体記号F-WWERとして初飛行を行っていた。これは2001年7月16日にバンコク・エアウェイズの航空機(機体記号:HS-PGL)として運用に入った。その後、2006年5月29日にシェムリアップ・エアウェイズの航空機として運用を開始したが、シェムリアップ・エアウェイズが運行を中止した後の2009年1月7日にバンコク・エアウェイズへ戻ってきた。機体はPha Ngan(「パンガン」)と愛称が付けられ[2]、飛行時間は約20,000時間であった[要出典]

事故概要[編集]

事故機は滑走路を横滑りし、消防署として使用されていた古い無人の管制塔に衝突したと報告されている。事故は現地時間で14時15分(UTCで7時15分)ごろ発生した[3]。この事故でパイロット1人が死亡したと報告された。事故機の中で2時間以上身動きが取れなかった副操縦士が事故機から最後に避難した人物であった。うち4人 — イギリス人2人、イタリア人1人、スイス人1人が足を骨折する重傷、別のイギリス人2人がそれよりは軽いがひどい怪我を負った。副操縦士も足に怪我を負っていた。 合計で41人が負傷した[4]。事故当時有効であったMETARはMETAR VTSM 040700Z 29015KT 9000 FEW020TCU SCT120 BKN300 31/25 Q1007 A2974 TCU-NWであった[5]

バンコク・エアウェイズ266便のATR72の胴体(2013年8月撮影)

事故機の胴体はサムイ島の各地の路傍に数年間置かれていたが、2013年10月に Majcha Air Samui Artificial Reef Project の一環として沈められた。

関連項目[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク

脚注[編集]

  1. ^ Fatalities reported as Bangkok Airways ATR 72-500 skids off runway”. Flight Global. 2009年8月4日閲覧。
  2. ^ ATR 42/72 - MSN 670”. Airfleets. 2009年8月4日閲覧。
  3. ^ Pilot killed in Thai plane crash”. BBC News Online (2009年8月4日). 2009年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月4日閲覧。
  4. ^ Fatal Bangkok Airways crash on Samui”. Bangkok Post. 2009年8月4日閲覧。
  5. ^ History for Sumui, Thailand”. Wunderground. 2009年8月4日閲覧。

外部リンク[編集]

Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
Searchtool.svg airliners.net's Photo gallery
Searchtool.svg myaviation.net's Photo gallery
Searchtool.svg Rolling on runway
Searchtool.svg Photo of the accident

座標: 北緯09度32分52秒 東経100度03分44秒 / 北緯9.54778度 東経100.06222度 / 9.54778; 100.06222