バングラデシュ民族主義党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バングラデシュ民族主義党(バングラデシュみんぞくしゅぎとう、Bangladesh Nationalist Party, বাংলাদেশ জাতীয়তাবাদী দল Bāŋlādeś Jātīyatābādī Dal, BNP)は、バングラデシュの主要政党のひとつ。バングラデシュ国民党とも邦訳される。民族主義右派。前の政権党。軍人や旧ムスリム連盟系政治家、軍政支持に偏向したアワミ連盟や左派政党の一部指導者が集まった官製政党[1]

1978年9月1日、軍事クーデターで実権を握った前大統領ジアウル・ラフマン率いる軍部が、民政移管のための総選挙を行うにあたり、アワミ連盟に対抗するための自らの勢力の受け皿として結党した政党。政権を5回担当し、議会最大与党として政権をとっていた。1981年ジャウル・ラーマン暗殺後、夫人のカレダ・ジアが党首となり、前バングラデシュ首相である。前回総選挙前まで国会の3分の2の議席を占めていた。

2001年の総選挙では全投票のうち 47% を獲得し、300議席のうち215議席を獲得した。 2008年12月の総選挙では汚職への批判などから大惨敗を喫し、再びシェイク・ハシナ率いるアワミ連盟に事実上、政権を明け渡すことになった。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 大橋正明、村山真弓編著『バングラデシュを知るための60章』[第2版] 明石書店 2009年 41ページ

外部リンク[編集]