バンカ島事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バンカ島事件第二次世界大戦中にカリマタ海峡バンカ島1942年2月16日に発生した日本軍によるイギリス軍捕虜およびオーストラリア人従軍看護婦の殺害事件。

経緯[編集]

日本軍が包囲するシンガポールの陥落直前1942年2月12日に商船ヴァイナー・ブルック号がシンガポールを出港した。船には負傷兵と64人のオーストラリア人従軍看護婦が搭乗していた。出港三日後にヴァイナー・ブルック号はバンカ海峡で日本軍の航空機により攻撃され撃沈された。2人の看護婦が攻撃で死亡し、9人の看護婦は救命筏に乗ったがその後行方不明となった。22人の看護婦と負傷兵、少数の子供と民間人が2隻の救命ボートに乗り込みオランダ領東インドに属するバンカ島のラジー海岸に上陸した。上陸翌日に20人のイギリス軍兵士を含む100人ほどの別の撃沈された船の乗客が合流した。

島がすでに日本軍により占領されていることを知った彼らは島の北西に位置するムントクに本部を置いていた日本軍部隊に降伏することを決定しヴァイナー・ブルック号の船員一人を向かわせた。士官が出発した後に看護婦の最年長であったMatron Irene Drummondの指示で民間人の女性と子供が中国人医師に率いられムントクに向かった。看護婦たちは負傷兵を介護するためにその場に残り、赤十字が描かれたシェルターを仮設した。

午前中のうちに船員は日本軍士官1人と15人の日本軍兵士とともに戻ってきた。日本軍兵士は歩行が可能な男たちを二組に分け、100メートルほど離れた岬の向こう側に移動するよう命じた。初めのグループは銃剣で、2つ目のグループは銃撃で殺害された。日本軍の士官は22人の看護婦と1人の女性民間人に海に入るように命じ、その後腰まで浸かる位置にいた看護婦たちを機関銃で銃撃した。ヴィヴィアン・ブルウィンケル英語版を除く全員が死亡した。腹部を撃たれたブルウィンケルは波打ち際に打ち寄せられた。彼女は日本軍部隊がその場を離れるまで死んだふりをしていた。彼女はイギリス軍兵士のCecil George Kingsleyと12日間過ごした後に捕虜となった。Cecil George Kingsleyは傷のために数日後に死亡した。Vyner Brookeに乗船していた看護婦65人のうち24人が戦争を生き延びた。

ブルウィンケルは1947年に除隊し、メルボルン郊外のFairfield Infectious Diseases Hospitalの婦長となった。のちにバンカ島の犠牲者のための基金を立ち上げ、後にオーストラリア看護大学の学長となった。

東京裁判[編集]

東京裁判においてブルウィンケルは事件の証言をおこなったが、実行部隊の特定ができなかったため裁判で被告が裁かれることはなかった。