バンカーズ・ライフ・フィールドハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンカーズ・ライフ・フィールドハウス
"Bankers Life Fieldhouse"
ConsecoFieldhouse.jpg
施設情報
所在地 125 S. Pennsylvania St.
Indianapolis, Indiana 46204
起工 1997年7月22日
開場 1999年11月6日
所有者 Capital Improvements Board,
インディアナポリス市
グラウンド (屋内施設)
建設費 1億8,300万ドル
設計者 Ellerbe Becket Architects & Engineers
プロジェクトマネージャ Seagull Bay Sports, LLC.[1]
構造設計者 Fink Roberts & Petrie Inc.[2]
総合建設者 Hunt/Smoot[3]
旧称
Conseco Fieldhouse (1999–2011)
使用チーム、大会
インディアナ・ペイサーズNBA
(1999年 - 現在)
インディアナ・フィーバーWNBA
(2000年 - 現在)
インディアナ・ファイアーバーズ(AFL
(2001年 - 2004年)
収容能力
18,345人(バスケットボール
14,400人(ホッケーフットボール

バンカーズ・ライフ・フィールドハウスBankers Life Fieldhouse)は、アメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリスにある18,345人収容のスポーツアリーナNBAインディアナ・ペイサーズWNBAインディアナ・フィーバーの本拠地であり、大規模なコンサートやサーカスも開催される。2002年には、FIBAバスケットボール世界選手権RCAドームとともに開かれた。

インディアナ州カーメルに本社をおく保険会社コンセコが、ネーミングライツを買い取り、コンセコ・フィールドハウスと名付けられた。2011年12月に名称をCNOフィナンシャル・グループに変更されたためそのブランド名であるバンカーズ・ライフにちなんで現在の名称となった[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

開催イベントとテナント
先代:
マーケット・スクエア・アリーナ
インディアナ・ペイサーズの本拠地
1999 – present
次代:
current
先代:
オリンピックホール
アテネ
バスケットボール世界選手権
決勝戦会場

2002
次代:
さいたまスーパーアリーナ
さいたま