バレーボール (任天堂)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バレーボール
ジャンル スポーツゲーム
対応機種 ディスクシステム
Nintendo Entertainment System
WiiWii Uバーチャルコンソール
開発元 任天堂
パックスソフトニカ
発売元 任天堂
人数 1〜2人
メディア [FDS]ディスクカード(片面)
[Wii][Wii U]バーチャルコンソール
発売日 [FDS]
日本の旗 1986年7月21日
[NES]
アメリカ合衆国の旗 1987年3月
[Wii]
欧州連合の旗 2007年8月10日
日本の旗 2007年8月21日
アメリカ合衆国の旗 2007年11月12日
[Wii U]
日本の旗 2014年3月12日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
売上本数 日本の旗 198万本[1]
テンプレートを表示

バレーボール』は、1986年7月21日任天堂から発売された、ファミリーコンピュータ ディスクシステム(ディスクシステム)用ゲームソフトである。各ゲーム雑誌の告知でロムカセット版の発売予定もあったがこちらは発売中止となっている。

概要[編集]

タイトル通り、バレーボールをプレイし勝敗を競う。ファミリーコンピュータ初のバレーボールゲームで、1人用プレイでは日本のチームを操り世界の強豪チームと戦う。なお、登場するキャラクターは男子と女子の選択であるが、宣伝のチラシなどでは女子のイラストが前面に押し出されていた。なお、男子リーグでは女子リーグより球のスピードが速い。

登場チームは日本も含めた8ヶ国で、1986年当時のゲームのため現在では存在しないソ連が参加している。参加国は日本韓国中国アメリカソ連ブラジルキューバチュニジアである。

なお、コンピューターが操る強さは、強い方からソ連、中国、アメリカ、キューバ、ブラジル、韓国、チュニジアの順になっている。

2人で対戦することもでき、その場合好きな国のチームを選ぶことができる。

2007年8月21日にはWiiバーチャルコンソール用ソフトとして、2014年3月12日にはWii Uのバーチャルコンソール用ソフトとして、それぞれ配信も開始された。

ルールの相違点[編集]

バレーボールのルールは基本的には大きく変更はないが、1986年当時より20年以上経った2008年現在ではルールがいくつか変更されているため、現在から見れば同じバレーボールでも別物となっている。ここでは、基本的なルールの変更点を挙げる。

  • サーブ権がある時に攻撃を決めると1点獲得(旧)→サーブ権の有無に関わらず攻撃を決めると1点獲得(現在)
  • 15点取ると、1セット獲得(旧)→25点取ると、1セット獲得(現在)
  • サーブがネットに触れたら、サーブ権は相手チームに移る(旧)→サーブがネットに触れた時も、プレイが続行される(現在)

など。 ※以上、任天堂バーチャルコンソールの公式サイトの解説より引用。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ GEIMIN.NET/国内歴代ミリオン出荷タイトル一覧、GEIMIN.NET、2013年2月28日閲覧。

外部リンク[編集]