バレークイーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バレークイーン
英字表記 Ballet Queen
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1988年4月16日
死没 (現役繁殖牝馬)
Sadler's Wells
Sun Princess
母の父 イングリッシュプリンス
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Ballymacoll Stud Farm Ltd
競走成績
生涯成績 不出走
テンプレートを表示

バレークイーン (Ballet Queen) は、アイルランド生まれの繁殖牝馬

経歴[編集]

オークスヨークシャーオークスセントレジャーを制した名牝サンプリンセスを母に持つ良血馬だが、競走に出走することなく繁殖牝馬となり、カーリアンの仔を受胎した状態で1992年日本社台ファーム早来に輸入された。翌1993年に出産した産駒が1996年東京優駿(日本ダービー)を優勝したフサイチコンコルドである。

その後もトニービンサンデーサイレンスなどの日本の一流種牡馬と交配され続け、皐月賞馬のアンライバルド、重賞馬のボーンキング、種牡馬のミラクルアドマイヤなどを輩出し、その産駒は揃って見栄えのする馬体を持つことから競馬関係者や競馬ファンの注目を集め続けている。

また、バレークイーンのファミリーラインは、産駒のグレースアドマイヤ皐月賞馬のヴィクトリーや重賞馬のリンカーンを輩出したのをはじめ、複数の重賞優勝馬を輩出し成功を収めつつある。

田原成貴はバレークイーンの産駒について、見た目が素晴らしい反面精神面に問題を抱えている馬が多く、そのために競走能力を発揮できないままに終わった馬もいたとしている。田原は自ら管理したフサイチミニヨンについて、調教では優駿牝馬を勝てると思うほどの動きを見せながら、他の馬を極端に怖がる性格が災いし2戦していずれも最下位というキャリアで引退を余儀なくされたと述べている[1]。フサイチミニヨンは繁殖牝馬として、重賞馬のアンブロワーズを輩出している。

またアンライバルドの管理調教師である友道康夫が語ったところによると、バレークイーンは元々蹄が弱くあまり歩かない傾向があったことから、母馬にくっついて歩く仔馬の馬体重が重くなりがちであったため、ノーザンファームではわざわざアメリカから装蹄師を呼び削蹄を行わせたところ、バレークイーンが普通に歩くようになったという。その直後に生まれたアンライバルドが皐月賞を制覇したことから、友道は「(それまでの産駒は)運動不足だったのでしょう」と分析している[2]

繁殖成績[編集]

フサイチコンコルド(すみれステークス、1996年3月9日)

※現役馬の成績は2011年11月19日現在

馬名 誕生年 毛色 厩舎 馬主 戦績 備考
第1子 フサイチコンコルド 1993年 鹿毛 Caerleon 栗東小林稔 関口房朗 5戦3勝
東京優駿菊花賞3着
種牡馬
第2子 グレースアドマイヤ 1994年 鹿毛 トニービン 栗東・小林稔 近藤英子 15戦5勝
サンスポ賞4歳牝馬特別3着
繁殖牝馬
第3子 ミラクルアドマイヤ 1995年 鹿毛 栗東・作田誠二 近藤利一 3戦1勝 種牡馬
(2008年用途変更
第4子 フサイチミニヨン 1996年 鹿毛 サンデーサイレンス 栗東・田原成貴 関口房朗
吉田勝己
2戦0勝 繁殖牝馬
第5子 ネオクラシック 1997年 鹿毛 美浦藤沢和雄 吉田勝己 14戦2勝 繁殖牝馬
第6子 ボーンキング 1998年 鹿毛 栗東・松田国英 金子真人
→金子真人ホールディングス
17戦2勝
京成杯弥生賞2着など
種牡馬
第7子 ピタゴラス 1999年 鹿毛 栗東・松田国英 金子真人 1戦0勝 乗馬
第8子 ボレロ 2000年 栗毛 栗東・松田国英 サンデーレーシング 1戦0勝 (韓国に種牡馬として輸出)
第9子 メガトンカフェ 2002年 鹿毛 美浦・小島太 西川光一 10戦3勝 (死亡)
第10子 フレンチバレリーナ 2003年 栗毛 フレンチデピュティ - (サンデーレーシング) 不出走 繁殖牝馬
第11子 フレンチバルザック 2004年 鹿毛 美浦・藤沢和雄
大井月岡健二
サンデーレーシング
→吉田俊介
中央不出走
地方1戦1勝
-
第12子 アンダルーサ 2005年 鹿毛 アグネスタキオン 栗東・友道康夫 吉田勝己 不出走 種牡馬
第13子 アンライバルド 2006年 鹿毛 ネオユニヴァース 栗東・友道康夫 サンデーレーシング 10戦4勝
皐月賞スプリングステークス
種牡馬
第14子 サンリヴァル 2007年 鹿毛 スペシャルウィーク 美浦・堀宣行 サンデーレーシング 7戦1勝 乗馬
第15子 インステイト 2009年 栗毛 ダイワメジャー 栗東・友道康夫 サンデーレーシング (現役)
第16子 (バレークイーンの2010) 2010年 鹿毛 ネオユニヴァース - - (仔馬) -

バレークイーンの主要なファミリーライン[編集]

※「f」は「filly(牝馬)」の略、「c」は「colt(牡馬)」の略。太字はGI級競走優勝馬。

バレークイーン 1988
フサイチコンコルド 1993 c(3勝、東京優駿
グレースアドマイヤ 1994 f
||リンカーン 2000 c(6勝、阪神大賞典京都大賞典日経賞菊花賞2着、有馬記念2着、天皇賞(春)2着)
||ヴィクトリー 2004 c(現役 3勝、皐月賞
|フサイチミニヨン 1996 f
||アンブロワーズ 2002 f(4勝、函館2歳ステークス阪神ジュベナイルフィリーズ2着)
ボーンキング 1998 c(2勝、京成杯
アンライバルド 2006 c(現役4勝、皐月賞スプリングステークス

血統表[編集]

バレークイーン (Ballet Queen)血統サドラーズウェルズ系 / 5代までアウトブリード

Sadler's Wells
1981 鹿毛
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Fairy Bridge
1975 鹿毛
Bold Reason Hail to Reason
Lalun
Special Forli
Thong

Sun Princess
1980 鹿毛
*イングリッシュプリンス
English Prince
1971 鹿毛
Petingo Petition
Alcazar
English Miss Bois Roussel
Virelle
Sunny Valley
1972 鹿毛
Val de Loir Vieux Manoir
Vali
Sunland Charlottesville
Sunny Gulf F-No.1-l

脚注[編集]

  1. ^ 『競馬最強の法則 2009年2月号』(KKベストセラーズ)、64頁。
  2. ^ 『競馬最強の法則』2009年6月号・p.31

外部リンク[編集]