バレエ・スエドワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ballets suédois. Skating Rink 1922.

バレエ・スエドワ (Ballets suédois)は、パリ1920年に創設されたバレエ団。「スウェーデン・バレエ団」とも呼ばれる。

概要[編集]

スウェーデン人の貴族・実業家で、美術品コレクターでもあったロルフ・デ・マーレにより、デンマーク・ロイヤル・バレエ団のダンサーであったジャン・ボルラン: Jan Börlin)を振付家兼バレエダンサーとして組織されたもので、その創設にはマーレがセルゲイ・ディアギレフ率いるバレエ・リュスを辞めたミハイル・フォーキンと出会ったことが大きく影響している[1]

シャンゼリゼ劇場を拠点とし、バレエ・リュスが取り上げなかったジャズの影響を受けた作品などを取り上げて人気を博し、一時はバレエ・リュスの最大のライバルとなった[1]。しかし、ボルラン自身が優れた振付家でもダンサーでもなかったため、結局不成功に終わり、1925年に解散した。

このバレエ団の存続は短命だったが、その革新的な意義は失われず、協力者として、ポール・クローデルジャン・コクトーフランシス・ピカビアルネ・クレールエリック・サティダリウス・ミヨージョルジョ・デ・キリコらの文学者、音楽家、美術家を動員したことから、それらが知られる。

作品[編集]

など、5年間で25作品を初演した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 芳賀直子『バレエ・リュス その魅力のすべて』(国書刊行会、2009年、42ページ)