バルダッサーレ・ペルッツィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルダッサーレ・ペルッツィ

バルダッサーレ・ペルッツィ(Baldassarre Peruzzi, 1481年 - 1536年)は、盛期ルネサンス画家建築家ラファエロの流れをくむ繊細で優雅な建築、室内装飾をデザインした。

経歴[編集]

シエナに生まれ、画家として修行を積んだが、1503年ローマに移住。ブラマンテのもとで建築家としての修行を積む。ラファエロ没後、サン・ピエトロ大聖堂の主任建築家として任命されるが、ローマ略奪のためローマから逃れ、シエナに移る。その後ローマに戻るが、(ルネサンス建築として)その作風は盛期ルネサンスからマニエリスムへの移り変わりを示している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • ピーター・マレー、桐敷真次郎訳『図説世界建築史 ルネサンス建築』(本の友社)
  • ニコラス・ペヴスナーほか、鈴木博之監訳『世界建築辞典』(鹿島出版会