バルタザール・フォルスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルタザール・ヨハネス・フォルスター
Balthazar Johannes Vorster
John Vorster.jpg

任期 1966年9月13日1978年10月2日

南アフリカの旗 南アフリカ共和国
第4代大統領
任期 1978年10月10日1979年6月4日

出生 1915年12月13日
南アフリカの旗 南アフリカ連邦東ケープ州オイテンハーヘ
死去 1983年9月10日(67歳)
南アフリカの旗 南アフリカ共和国ケープタウン
政党 国民党

バルタザール・ヨハネス・フォルスター(Balthazar Johannes Vorster、1915年12月13日 - 1983年9月10日)は、南アフリカ共和国政治家1966年から1978年まで首相を務め、その後1978年から1979年には大統領に就任した。

フォルスターは東ケープ州に生まれ、ステレンボッシュ大学に進学。第二次世界大戦中は、ナチス・ドイツアドルフ・ヒトラーを支援する発言を繰り返した。1948年国民党 (南アフリカ)に入党し、1953年に初当選。党内では極右派に属し、ヘンドリック・フルウールト政権では法相を務めた。

1966年にフルウールトが暗殺されると、議会によって9月13日に後継の首相に選出された。フォルスター政権は前政権の政策をほぼ継承し、アパルトヘイトを高圧的に推し進めた。国内各地にバントゥースタンが建設され、すべての黒人はいずれかのバントゥースタンに属することとなった。黒人との「分離発展」を推し進めるという名目で1976年トランスカイなど4つのバントゥースタンを「独立」させたものの、国際社会はこれを認めず、世界から孤立を続けた。

また、南部アフリカ各地で成立していた共産政権を打倒するため、アンゴラモザンビークの反政府勢力に援助を行い、南アフリカと同様の人種差別政策をとるローデシア政府にも友好国として支援を続けた。

1976年6月16日、学校でのアフリカーンス語強要に対する反対からソウェト蜂起が起き、フォルスターは軍を出してこれを鎮圧。国際的な批判を浴びた。

1978年、フォルスターは首相の座をピーター・ウィレム・ボータに譲り大統領に就任したが、翌年に欧米諸国に対する秘密工作費の出所や使途に対してスキャンダルが噴出し、1979年6月に辞任を余儀なくされた。

1983年、67歳でこの世を去った。

先代:
ヘンドリック・フルウールト
南アフリカの旗 首相
第8代 : 1966 - 1978
次代:
ピーター・ウィレム・ボータ