バルシネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バルシネギリシア語:Βαρσίνη、ラテン文字表記:Barsine、紀元前363年頃 - 紀元前309年)は、フリギアサトラップであるアルタバゾス2世の娘、ロードス島メントルの妻であり、その死後はメントルの弟メムノンの妻となった人物である。紀元前334年アレクサンドロス3世がアジアに侵攻した年、彼女と子供達はメムノンによって忠誠を示す人質としてダレイオス3世の元に送られ、翌年、ダマスカスがマケドニアに占領されると、彼女はアレクサンドロス3世の手に落ちて側室となり、ヘラクレスを生んだ。紀元前323年にアレクサンドロス3世が死去すると、ネアルコスはヘラクレスを王位に就けることを画策したが、失敗した。彼女は、紀元前309年に息子とともに、カッサンドロスの命を受けたポリュペルコンに殺害された[1]。これによりアレクサンドロス3世の直系子孫は途絶えることとなった。

出典[編集]

  • Smith, William (editor); Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology, "Barsine (1)", Boston, (1867)
  1. ^ Plutarch, Parallel Lives, "Alexander", 21, "Eumenes", 1; Diodorus, Bibliotheca, xvii. 23, xx. 20, 28; Quintus Curtius Rufus, Historiae Alexandri Magni, iii. 13, x. 6; Justin, Epitome of Pompeius Trogus, xi. 10, xiii. 2, xv. 2; Pausanias, Description of Greece, ix. 7

この記事にはパブリックドメインになっているウィリアム・スミス英語版による1870年の著作であるギリシア・ローマ伝記神話辞典英語版本文を含む。