バルカン言語連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バルカン言語連合(バルカンげんごれんごう、英: Balkan linguistic union, 独: Balkansprachbund)とは、系統にかかわらず共通の文法的・音韻的特徴を示すバルカン半島の言語をさす用語で、言語連合の典型的な例とされる。これはこの地域が東ローマ帝国オスマン帝国という複数の民族の居住地域を支配する帝国の支配下にあったためである。

バルカン言語連合に属する言語には以下のものがある。

バルカン言語連合に属する言語は、次のような共通した性質をもつ。

  • 定冠詞の後置 (アルバニア語、ブルガリア語、マケドニア語のみ)
  • 属格与格の合流
  • 「望む」という動詞に由来する未来時制をもつ(cf 英語 will: 「意志」)
  • 比較級における補充法(英語のgood/betterのような別語源の語による入れ替わり)の消滅
  • 不定詞の消滅。代わりに接続法を用いる