バリ舞踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バリ舞踊

バリ舞踊インドネシアバリ島バリ・ヒンドゥーの儀式や冠婚葬祭の際に演じられる舞踊。各寺院には専属ダンサーがいる。バリ民族にとってバリ舞踊は生活やヒンドゥー教に欠かせない。

バリ舞踊の成立過程[編集]

バリ島の祭礼や儀礼には、必ず舞踊が伴う。今日では、舞踊芸術のケチャレゴンバロン・ダンス、憑依舞踊のサンヒャン・ドゥダリがよく知られている。これらは、元来は共同体の宗教儀礼として行なわれてきたものであるが、実際に観光客に見せているのは、共同体の祭祀からは切り離され観光用に仕組まれたレパートリーである。すなわち、オランダ植民統治時代に当時の中心地シガラジャクビヤールと呼ばれる舞踊・音楽・ガムラン編成が生まれており、そして、1920年代後半に観光客を運ぶ運転手を通じて瞬く間に南部にも広がり、観光のための創作活動が盛んになり、舞踊芸術が宗教的文脈から切り離されていったのである。

バリ舞踊の様式[編集]

今日のバリの舞踊芸術は、宗教的な重要性に応じて、ワリ、ブバリ、バリバリアンの3段階に区分される。本稿では、1980年代初頭に、バリ舞踊の専門家イ・マデバンデム[1]が行った整理に基づいて各舞踊をワリ、ブバリ、バリバリアンに区分してまとめる。また各舞踊の伴奏には、しばしばガムランジュゴグ(竹のガムラン)が用いられる。

ワリ[編集]

ワリは、寺院で儀式として奉納される神聖な舞台芸術

ブバリ[編集]

ブバリは、寺院で儀式として奉納されるが、人前で観賞用に演じられる事もある。

バリバリアン[編集]

バリバリアンは、娯楽として人前で観賞用に演じられる舞台芸術[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bandem, I Made, Frederik Eugene deBoer. Balinese Dance in Transition Kaja and Kelod. 2nd ed. Oxford University Press, USA. 1995. ISBN-13: 978-967-65-3071-4
  2. ^ Pengkatagorian oleh Majelis Pertimbangan dan Pembinaan Kebudayaan (LISTIBIYA) Bali, tahun 1971. Tisna, I Gusti Raka Panji, Sekilas Tentang Dinamika Seni Pertunjukan Tradisional Bali dalam Konteks Pariwisata Budaya, Departemen Kebudayaan dan Pariwisata Republik Indonesia, 2006.