バリー・トロスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バリー・M・トロスト
人物情報
生誕 1941年7月13日(73歳)
米国ペンシルベニア州
居住 米国
国籍 米国
出身校 ペンシルベニア大学
マサチューセッツ工科大学
学問
研究分野 化学
研究機関 ウィスコンシン大学
スタンフォード大学
主な業績 不斉アリル位アルキル化反応
主な受賞歴 アーサー・C・コープ賞(2004年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

バリー・M・トロスト(Barry M. Trost、1941年7月13日-)は、アメリカ合衆国化学者スタンフォード大学教授。

フィラデルフィア出身。ペンシルベニア大学で学んだ後、マサチューセッツ工科大学に移りエノラートに関する研究でPh.D.を取得、1965年にウィスコンシン大学教授となる。1987年からスタンフォード大学教授。

トロストの不斉アリル位アルキル化反応AAA反応)、辻・トロスト反応トロスト配位子などに名を残している。また、化学反応の効率性・環境親和性などを評価するアトムエコノミーの概念を提唱、主導している。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]