バリー・アイケングリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バリー・アイケングリーン
経済学者
生誕 1952年
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 カリフォルニア大学バークレー校
研究分野 政治経済学国際金融
母校 イェール大学
影響を
与えた人物
マーセル・フラッチャー
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

バリー・アイケングリーン(Barry J. Eichengreen、1952年-)は、アメリカ経済学者カリフォルニア大学バークレー校教授(George C. Pardee and Helen N. Pardee Professor of Economics and Political Science)であり、専門は政治経済学国際金融論、経済史である。

略歴[編集]

  • 1952年 生まれる。
  • 1974年 カリフォルニア大学サンタクルーズ校を卒業する(A.B.)。
  • 1976年 イェール大学で経済学のM.A.を取る。
  • 1977年 イェール大学で経済学のM.Phil.を取る。
  • 1978年 イェール大学で歴史学のM.A.を取る。
  • 1979年 イェール大学で経済学のPh.D.を受ける。
  • 1980年~1986年 ハーバード大学経済学部の助教授および准教授となる。
  • 1981年~1986年 NBERのファカルティ・リサーチ・フェローとなる。
  • 1984年~現在 The Centre for Economic Policy Research, Londonのリサーチ・フェローとなる。
  • 1986年~1994年 カリフォルニア大学バークレー校の教授となる。
  • 1986年~現在 NBERのリサーチ・アソシエイトとなる。
  • 1994年~1999年 カリフォルニア大学バークレー校のJohn L. Simpson Professor of Economics and Professor of Political Scienceとなる。
  • 1997年~1998年 IMFのシニア政策アドバイザーとなる。
  • 1999年~現在 カリフォルニア大学バークレー校のGeorge C. Pardee and Helen N. Pardee Professor of Economics and Professor of Political Scienceとなる。
  • 2002年 経済史学会のジョナサン・R・T・ヒューズ教育優秀賞を受ける。
  • 2004年 カリフォルニア大学バークレー校社会科学分野から卓越教育賞を受ける。
  • 2010年~2011年 経済史学会の会長を務める。


主要業績[編集]

家族[編集]

  • 彼の母親、ルシール・アイケングリーン(Lucille Eichengreen)は、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の生存者であり著述家でもある。

主要著作[編集]

  • Elusive Stability: Essays in the History of International Finance 1919-1939. Cambridge University Press, 1990 ISBN 0521365384
  • Golden Fetters: The Gold Standard and the Great Depression, 1919-1939. Oxford University Press, 1992, ISBN 0195101138
  • International Monetary Arrangements for the 21st Century. Brookings Institution Press, 1994, ISBN 0815722761
『21世紀の国際通貨制度――二つの選択』、藤井良広訳、岩波書店、1997年
  • Reconstructing Europe's Trade and Payments: The European Payments Union. University of Michigan Press, 1994, ISBN 0472105280
  • Globalizing Capital: A History of the International Monetary System. Princeton University Press, 1996, ISBN 069102880X; 2. Auflage ebd. 2008, ISBN 0691139377
『グローバル資本と国際通貨システム』、高屋定美訳、ミネルヴァ書房、1999年
  • European Monetary Unification: Theory, Practice, Analysis. The MIT Press, 1997 ISBN 0262050544
  • Toward A New International Financial Architecture: A Practical Post-Asia Agenda. Institute for International Economics, 1999, ISBN 0881322709
『国際金融アーキテクチャー』、勝悦子監訳、林秀毅訳、東洋経済新報社、2003年
『グローバル・インバランス――歴史からの教訓』、畑瀬真理子・松林洋一訳、東洋経済新報社、2010年
  • The European Economy Since 1945: Co-ordinated Capitalism and Beyond. Princeton University Press, 2008, ISBN 0691138486
  • Exorbitant Privilege, Oxford University Press, New York 2010 ISBN 978-0-19-975378-9
『とてつもない特権――君臨する基軸通貨ドルの不安』、小浜裕久監訳、勁草書房、2012年

共著[編集]

  • An Independent and Accountable IMF. with José De Gregorio, Takatoshi Ito & Charles Wyplosz, Centre for Economic Policy Research, 1999, ISBN 1898128456
  • Built to Last: A Political Architecture for Europe. with Erik Berglöf, Gérard Roland, Guido Tabellini & Charles Wyplosz, CEPR, 2003, ISBN 1898128642
  • バリー・アイケングリーンジョセフ・スティグリッツほか『中央銀行論』(土曜社、2013年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]