バリスタ (コーヒー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バリスタ (職業)から転送)
移動: 案内検索
ワールドバリスタチャンピオンシップに参加するバリスタ

バリスタ: barista)は、バールのカウンターに立ち、客からの注文を受けてエスプレッソをはじめとするコーヒーを淹れる職業、およびその職業についている人物をいう。

イタリアのバールには喫茶店カフェとしての特徴がある。バーのバーテンダーがもっぱら酒類を扱うのに対し、バールで働くバリスタはノン・アルコールの飲料、とりわけコーヒーに関する知識と技術をもつ。欧州スペシャルティーコーヒー協会はバリスタのために3段階のレベルからなる技能認定試験を実施しており、筆記、口頭、実演の各試験に合格するほか実務経験も求められる。

なお、エスプレッソだけでなくパニーニ(パニーノの複数形)やアルコール、更にはサービス全般など、“バールに関する全てに精通している者”という意味で、バリスタではなくバールマンと呼ばれたがるバール店員もいる。

競技会[編集]

バリスタとしての能力や技術を競うものとして、日本スペシャルティーコーヒー協会と日本バリスタ協会の共催で、ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップが2002年より行なわれており、エスプレッソ部門とサイフォン部門を設けている。

海外でも同様の国内選手権大会が開かれており、それらの優勝者らが参加する世界大会として、米国スペシャルティーコーヒー協会と欧州スペシャルティーコーヒー協会が2000年より開催する、ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ(WBC)がある。2007年大会は、東京で開催された。

著名なバリスタ[編集]

  • 門脇洋之 - 2001年、2003年、2005年ジャパン バリスタ チャンピオンシップで優勝。2005年WBC2位、日本最高位。
  • 横山千尋 - 1996年に日本人として初めてイタリア・バリスタ協会からバリスタとして認定された[1]。2002年、2004年ジャパン バリスタ チャンピオンシップで優勝[2]
  • サミー・ピッコロ(Sammy Piccolo) - カナダバンクーバーを拠点とするバリスタで、WBC2位(2004年、2006年)、同3位(2005年)。
  • 宮前みゆき - 2007年ジャパン バリスタ チャンピオンシップで優勝。2007年ワールドチャンピオンシップに当時日本最年少(26歳)かつ初の女性代表として出場し4位を獲得。コンビニのコーヒー飲料の監修なども手懸けている。
  • 澤田洋史 - 2008年シアトルで開催された「フリーポア ラテアート チャンピオンシップ 2008・シアトル」にてアジア人初、かつ大会歴代最高得点でワールドチャンピオンとなる。
  • 吉川寿子 - 2013年世界ラテ・アート選手権優勝。
  • 井崎英典 - 2014年 WBC優勝。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]