バラモンジン属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バラモンジン属
Tragopogon porrifolius flower.jpg
バラモンジン Tragopogon porrifolius
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: バラモンジン属 Tragopogon
学名
Tragopogon L.[1]
英名
Salsify

バラモンジン属(Tragopogon)とは、被子植物キク目キク科のひとつ。英語ではサルシファイ(サルシフィー[2])、ゴーツベアードなどと呼ばれる。140以上のがある。

特徴[編集]

多年草または二年草として成長する。バラモンジン属の直根性で、白い樹液が出る。の色は種によって異なるが、黄色、紫色、青銅色など。ヨーロッパアジア原産だが、北米オーストラリアにも分布している。

ヨーロッパで一般にサルシファイとして知られる野菜は、Tragopogon porrifolius(パープルサルシファイ、和名バラモンジン)のことで、根が牡蠣の味に似ていることからオイスタープラントとも呼ばれるが、特徴のない甘みである。パープルサルシファイの新芽は若葉と同様に食べることができる[3]

また別属のScorzonera hispanicaはブラックサルシファイ、スパニッシュサルシファイとも呼ばれるが、バラモンジン属ではなくフタナミソウ属である。

ハイブリッド種分化の事例としても知られ、1900年代初頭に北米へ三種の種を持っていたところ、外来種として帰化し、T. dubius(ウエスタンサルシファイ)、T. pratensis(Meadow Salsify)、T. porrifoliusとなった。1950年代にはアイダホとワシントンで新種T. miscellusが発見されたが、これはT. dubiusT. pratensis交雑による三倍体である。T. mirus異質倍数体であるが、T. dubiusT. porrifoliusを祖に持つ。

和名[編集]

バラモンジンの「バラモン」はインドの司祭を意味し、サンスクリット語ブラーフマナ (ब्राह्मण)を音写したもの。「ジン」は漢語の參で、根を薬用にするオタネニンジン(朝鮮人蔘)に由来する[4]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 飯沼慾斎著『新訂草木図説』(1875年)
  • Soltis, D. E., Soltis, P. S., Pires, J. C., Kovarik, A., Tate, J. A., & Mavrodiev, E. (2004). Recent and recurrent polyploidy in Tragopogon (Asteraceae): cytogenetic, genomic and genetic comparisons. Biological Journal of the Linnean Society, 82, 485-501.


外部リンク[編集]