バヤゼット (オペラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バヤゼット』(Bajazet) RV.703は、アントニオ・ヴィヴァルディ作曲の全3幕からなる歌劇。ティムールとアンカラの戦いで戦って敗れ、捕虜となったバヤズィト1世を主人公としている。

ハッセジャコメッリポルポラブロスキ作曲のアリアも入ったパスティッチョだが、曲の多くはヴィヴァルディが作曲した。例を挙げると、イレーネが歌うもっとも有名なアリア「私はないがしろにされた妻 Sposa son disprezzata」はジャコメッリがファリネッリのために書いた歌劇「メローペ Merope」のアリア"Sposa, non mi conosci"を改作したものである。

初演は1735年ヴェローナのフィラルモーニコ劇場で行われた。

ファビオ・ビオンディ指揮エウローパ・ガランテの演奏による初の全曲録音が2005年にVirgin Classicsから発売されている。

登場人物[編集]

主な楽曲[編集]

外部リンク[編集]