バベルダオブ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バベルダオブ島の空撮写真

バベルダオブ島(ばべるだおぶとう、英語BabeldaobBabelthuap)は、パラオに所属する最大の

概説[編集]

ミクロネシア全体からみても、グアム島に次いで2番目に大きな島である。パラオの首都マルキョク州はバベルダオブ島に属している。同島の面積は331km²で、同国国土の70%以上を占めている。国内にいくつか点在する他の島と違い、バベルダオブ島にはが多い。同国最高峰ゲルチェレチュース山Ngerchelchuus標高242メートル)が存在する。

パラオ国際空港(バベルダオブ空港)を有し、パラオで2番目に人口が多いアイライ州はバベルダオブ島南端に位置している。アイライ州とそのさらにに位置するコロール州とはで結ばれている。コンパクト・ロードと呼ばれる一周道路が完成し、交通の便が良くなった。農業開発が期待できる良質の土壌である。

バベルダオブ島内の[編集]

バベルダオブ島はパラオ最大の島

パラオ16州中10州は、バベルダオブ島に属している。

関連項目[編集]